【解決事例】問題教員に対する解雇

問題教員に対する解雇

私立高校において、生徒に対し暴言を吐く、生徒への指導に真摯に取り組まないなどの問題のある教師を穏便に辞めさせたいとのご相談をいただきました。

当事務所では、当該教師の問題行動を洗い出し、関係者のヒアリングを行う等して訴訟に耐えうる証拠を全て揃えた上で解雇に臨むようアドバイスしました
また、解雇するにあたっても適正な手続を経るよう全面的に指導しました。

さらに、解雇後、同人が解雇を争ってきたため、当事務所の弁護士が学校法人の代理人となり、労働審判手続において、予め揃えた証拠を提出することにより、学校側に有利な解決金で紛争を終結させました。

学校問題の関連ページ

取扱分野

ご相談のご予約はこちらから

MINATO Law Office 湊総合法律事務所

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビルヂング北館12階1213区

03-3216-8021※受付時間 9:00〜18:00

でのお問い合わせはこちらから