営業秘密を漏洩されたら

営業秘密を漏洩されたら

タイトル

Q. 当社はロボットの開発・製造をしていますが、先月退職した従業員が、不正にロボットに使用する部品の製造に関する技術情報を持ち出し、独立開業した会社で使用しようとしていることがわかりました。この技術情報は、当社において、常々、企業秘密であるとして従業員に周知していたものです。どのような措置をとることが可能でしょうか?

A.企業秘密を第三者に漏洩されてしまった場合、次のような措置を取ることが考えられます。

1.民事上の措置

不正競争防止法や機密保持契約違反を根拠に、元従業員に対して、使用差止・除去等の請求や損害賠償請求を行なっていくことが考えられます。

①使用差止請求・除去請求

冒頭の事例において、ロボット製造技術情報を元従業員が持ち出していることが発覚した場合、御社としては、まず、当該情報が他社で使用されないようにする必要があるでしょう(差止請求)。
また、元従業員が不正に持ち出した技術情報の複製物について、破棄を求める必要もあるでしょう(除去請求)。

この点、不正競争防止法は、営業秘密を侵害された者の救済手段として、差止請求(同法第3条第1項)及び除去請求(同法第3条第2項)を設けています。

しかしながら、同法により救済されるためには、同法の規定する「営業秘密」(同法第2条第6項)の要件や「不正競争」(同法第2条第1項)の要件を充たさなければなりません。また、これらの要件を充たすには、当該情報が客観的に秘密として管理されている必要があるため、同法により保護されることは容易ではありません。

そこで、そのような場合に備え、従業員との機密保持に関する誓約書、合意書などをしっかりと締結し、秘密情報の対象となる情報を明確にしておくとともに、差止請求ないし除去請求を可能とする条項をも入れておくことをお勧めします。

②損害賠償請求

冒頭の事例において、元従業員が御社の技術情報を使用し、これによりロボットを開発・販売等した場合、御社としては、得られるべき利益が得られなくなったとして、損害賠償請求をすることが考えられます。

不正競争防止法上の営業秘密に該当すれば、同法に基づく損害賠償請求が可能ですし(第4条)、元従業員との間で、機密保持に関する合意書や誓約書を交わしていれば、機密保持契約に違反したとして、債務不履行に基づく損害賠償請求(民法第415条)を行うことができます。

2.刑事上の措置

本件における技術情報が不正競争防止法上の営業秘密に該当する場合、元従業員の行為は営業秘密侵奪罪(第21条)に該当します。この場合、10年以下の懲役もしくは2000万円以下の罰金、またはこれらの併科が科される可能性があります。


▷湊総合法律事務所 退職リスク対策チームのご紹介はこちら

▷競業避止・秘密情報管理に関する予防策・ご契約プランはこちら

 

退職リスク対策の関連ページ

機密保持の関連ページ

取扱分野

ご相談のご予約はこちらから

MINATO Law Office 湊総合法律事務所

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビルヂング北館12階1213区

03-3216-8021※受付時間 9:00〜18:00

でのお問い合わせはこちらから