テレワーク下における秘密情報の管理について

テレワーク下における秘密情報の管理について

タイトル

テレワーク下における秘密情報の管理について

昨年から続くコロナ禍により、多くの企業においてテレワークが取り入れられるようになりました。しかし、テレワークでは、秘密情報が社外に持ち出されたり、個人のパソコン上で秘密情報を閲覧・利用したりすることが想定されるため、不正な目的での持出しや漏洩が行われやすくなります。そこで、このようなリスクを低減するために、企業はテレワーク下の情報管理に関する対応を行っておく必要があります。

この点、経済産業省からは「テレワーク時における 秘密情報管理のポイント(Q&A解説)」が公表されており、参考になります。この中では、テレワークへの切り替えにあたり、以下のような対応策を実施しておくとよいとされています。
 

①就業規則、秘密情報管理規程等の社内規程がテレワークの実施に対応した内容になっているかの確認、改訂

②就業規則、秘密情報管理規程等について従業員への周知徹底(メールによるリマインドやe-ラーニングの実施等)

③テレワークを行う従業員からの在宅勤務期間中の秘密保持誓約書の取得(当該誓約書には、前述の秘密保持誓約書での条項に、事前に許可を得ていないデータコピーを禁止する旨や、テレワーク終了時に個人のパソコンからの秘密情報の削除に同意する旨の条項を追加することが考えられる。)

④情報の性質に応じた秘密情報への適切なアクセス権者の設定

④「㊙」(マル秘)・「社内限り」といった秘密であることの表示の付記

⑤ID・パスワードの設定

 
業務上とはいえ、企業の秘密情報が日常的に自宅でも使用されている状況下では、企業秘密であるという従業員の意識も薄まる傾向にあります。また、私的なパソコンにデータをコピーする機会も増えることとなります。

秘密情報のセキュリティ管理をより一層高める施策が重要です。
 
 

お困りの方は湊総合法律事務所までご相談ください。

◆湊総合法律事務所 退職リスク対策チームのご紹介 >>

◆競業避止・秘密情報管理に関する予防策・ご契約プラン >>
 

 

従業員をめぐる 転職・退職トラブルの法務 ~予防&有事対応~
【編者】湊総合法律事務所  【出版社】中央経済社

◆”雇用流動化時代”におけるトラブル解決に役立つ法律実務書の決定版◆
第1章:競業によるリスク
第2章:情報漏えい・不正使用によるリスク
第3章:従業員の引抜き、顧客奪取によるリスク
第4章:退職前・退職時の事情に基づく紛争リスク

▷詳しくはコチラをご覧ください。

新型コロナウイルスの関連ページ

退職リスク対策の関連ページ

機密保持の関連ページ

取扱分野

ご相談のご予約はこちらから

MINATO Law Office 湊総合法律事務所

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビルヂング北館12階1213区

03-3216-8021※受付時間 9:00〜18:00

でのお問い合わせはこちらから