機械メーカーより部品の供給を遅延されたり、ストップされたりすることについて

機械メーカーより部品の供給を遅延されたり、ストップされたりすることについて

ご質問内容

同族会社の機械メーカーから、最近新台の機械が売れず自分の会社にも新たにサービス部門を作った為に弊社への部品供給を遅延したりストップされたりしています。当該メーカーの部品は他からは入手困難なものがほとんどです。法律的に安定した供給を保証できる手段はありませんか。訴訟を起こして勝ち目はありますか。

当事務所の回答

安定した供給を保証するためには、継続的な部品供給契約書を締結することです。
また、契約不履行の際のペナルティ条項を設けておく必要もあると思います。

ただ、社長との関係が悪いとなると、このような契約の締結はなかなか難しそうですね。
会長がお元気なうちに、社長を説得してもらって、このような契約締結にこぎ着けられるかが勝負となると思います。
現時点で、訴訟を起こして勝てるかどうかですが、商品供給に関して、どのような契約が存在しているかによることになります。
継続的に商品供給をする義務が先方にあると認められれば、勝訴できる可能性はありますが、そのような契約がないということになると、勝訴することは難しいと考えます。

 

法律相談事例の関連ページ

取扱分野

ご相談のご予約はこちらから

MINATO Law Office 湊総合法律事務所

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビルヂング北館12階1213区

03-3216-8021※受付時間 9:00〜18:00

でのお問い合わせはこちらから