株主総会決議の瑕疵の例

株主総会決議の瑕疵の例

<決議取消の訴えの原因となる事項>

※但し、瑕疵が甚だしい場合には決議不存在確認の訴えの原因となることがあり得る

①    招集手続が法令・定款に違反、または著しく不公正である例

・    一部株主に対する招集通知もれがあった
・    取締役会決議を経ずに代表取締役が招集した
・    招集通知に会議の目的が記載されていなかった
・    招集の通知期間が不足していた

②    決議方法が法令に違反する例

・    決議の定足数を欠いていた
・    取締役会設置会社で招集通知に記載のない事項を決議した
・    株主でない者が決議に参加したり正当な代理人の議決権行使を拒否した
・    説明義務に違反し、株主の質問に対して不十分な説明のみを行って決議した

③  決議の手続・方法が著しく不公正とされる例

・    出席困難な時刻・場所に株主総会を招集した(大阪高裁昭和30年2月24日判決)

④    決議内容が定款に違反する例

・ 定款に定められた制限の員数以上の取締役を選任した

<決議無効確認の訴えの原因となる事項>

・ 欠格事由のある者を取締役、監査役に選任した
・ 株主平等原則に違反する決議

<決議不存在確認の訴え>

・ 決議した事実がないのにあったかのように議事録が作成された
・ 取締役会設置会社において平取締役が取締役会の決議に基づかずに株主総会を招集した

株主総会の関連ページ

取扱分野

ご相談のご予約はこちらから

MINATO Law Office 湊総合法律事務所

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビルヂング北館12階1213区

03-3216-8021※受付時間 9:00〜18:00

でのお問い合わせはこちらから