法律相談事例

法律相談事例


倒産した企業の持っていた知的財産権に関して

倒産した企業の持っていた知的財産権に関して ご質問内容 ある種の中古家庭用電化製品の通販を始めたいのですが、その際、集客用のコンテンツとして、かつて日本で製造されたその種の製品をリスト化し無償で公開するかもしくは電子書籍として販売するかを検討しています。 このコンテンツを作るにあたりいくつか確認したい点が出て来ましたので、ご相談させて下さい。 ①このコンテンツを有償・無償に関わらず . . .
続きを読む>>

著作権が切れた有名作家の作品の販売について

著作権が切れた有名作家の作品の販売について ご質問内容 著作権が切れた有名作家の作品の販売について、新しい挿絵や解説、あるいは編集を加えたものを電子書籍で販売することは法的に問題ないでしょうか。 当事務所の回答 著作権切れの小説を再編集して販売は法的に可能でしょうか? 著作権が切れている以上、小説を再編集して販売することは可能です。 そうした販売された商品は逆に法的に保護で . . .
続きを読む>>

賃借権付きの競売物件について

賃借権付きの競売物件について ご質問内容 1.賃借権付きの競売物件への入札を考えているのですが、賃借権が付いていることから、現在住んでいる方との契約を解除するまでは自己使用はできませんよね? 2.賃借権が付いている場合強制執行はできないそうなので、しばらくはお家賃を頂き続けてもよいかなとは思っていますが、競売での落札の場合、一般的には支払って頂けるものなのでしょうか? 3.また、保 . . .
続きを読む>>

会社設立について

会社設立について ご質問内容 今個人事業を経営していますが、今度株式会社を立ち上げるべき準備中です。 (1)個人事業を経営しながら、新株式会社の取締役となることは、可能でしょうか。 (2)OKであれば、その株式会社からその個人企業に業務委託契約は、可能なのでしょうか。 理由は、今まで個人事業として処理していた経費の処理を新株式会社では代表取締役で無いので、すべてを処理できないためです . . .
続きを読む>>

代表取締役の解任について

代表取締役の解任について ご質問内容 家族で会社経営をしており、父が代表取締役をつとめておりますが、先日医師から父が認知症であるとの診断を受けました。 まだ任期中ですが、この病気を理由に父を代表取締役から解任することは認められるでしょうか? また、認められる場合、どのような手続きを行うべきでしょうか? 弊社は取締役会設置会社です。 当事務所の回答 1 代表取締役解任の可否について . . .
続きを読む>>

自己破産経験者の役員選任について

自己破産経験者の役員選任について ご質問内容 8年前に自己破産した人に、株式会社の役員に選任しても問題ないでしょうか。 当事務所の回答 法的には取締役に選任することは問題ありません。 また、取引先に発覚する心配もほとんどないと思います(通常、取引先は官報まで見ることはありませんので。)。 行政機関から特別視されるということもないです。 銀行からの借り入れについても、すでに、信用情報機 . . .
続きを読む>>

取締役の背任行為訴追を回避して独立開業する道について

取締役の背任行為訴追を回避して独立開業する道について ご質問内容 現在ベンチャー企業の取締役ですが、社長との折り合いが悪くなったので、スピンアウトして独立開業を考えています。 1.取締役の辞表提出は、内容証明郵便着日で有効か?口頭辞意表明時点に遡れるか? 2.取締役の辞任が確定するのは、辞表提出時か?それとも取締役会承認時か? 3.取締役メンバー変更に伴う登記の変更は、いつまでに実施 . . .
続きを読む>>

習い事の講師紹介の取消料、講師の安全確保について

習い事の講師紹介の取消料、講師の安全確保について ご質問内容 ネットショップにて習い事の講師紹介の事業を開業予定です。 1.顧客が、講座(講師)をキャンセルした場合の取消料は、標準的な取消料の範囲で、きちんと表示すれば、こちらで設定できると法律で決められているとインターネットに書いてあったのですが、本当でしょうか? 具体的には、開講前の取消料は無料。開講後は、代金の2割の取消料です。 . . .
続きを読む>>

共有物分割請求事件について

共有物分割請求事件について ご質問内容 競売による共有物分割を求める訴訟を提起したいと考えているのですが、 裁判所から出される認容判決はどのようなものになるのでしょうか? また、請求の原因は、民法第258条第2項に基づいてするのがいいのか、258条第1項がいいのか教えて下さい。 当事務所の回答 まず、共有物分割請求訴訟で共有物の競売と売却代金の分割を求め、裁判所がこれを認めた場合、 . . .
続きを読む>>

機械メーカーより部品の供給を遅延されたり、ストップされたりすることについて

機械メーカーより部品の供給を遅延されたり、ストップされたりすることについて ご質問内容 同族会社の機械メーカーから、最近新台の機械が売れず自分の会社にも新たにサービス部門を作った為に弊社への部品供給を遅延したりストップされたりしています。当該メーカーの部品は他からは入手困難なものがほとんどです。法律的に安定した供給を保証できる手段はありませんか。訴訟を起こして勝ち目はありますか。 当事務所の . . .
続きを読む>>

<< 前の記事を見る

ご相談のご予約はこちらから

MINATO Law Office 湊総合法律事務所

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビルヂング北館12階1213区

03-3216-8021※受付時間 9:00〜18:00

でのお問い合わせはこちらから

取扱分野