産業廃棄物

産業廃棄物


廃棄物処理業界チームよりご挨拶

廃棄物処理業界チームよりご挨拶 (1)当事務所が目指すところ 当事務所では、産業廃棄物に関する数多くの案件に対応してまいりました。その中には、廃棄物処理法に対する理解の乏しさから廃棄物処理法違反につながり、その結果、企業が経営危機に陥った事案に接することもございました。 当事務所としましては、廃棄物処理法違反に起因する企業経営上の危機を未然に防止するために、顧問先企業様を始めとするクライ . . .
続きを読む>>

役所に提出する報告書に関する相談・解決事例~廃棄物処理法に詳しい弁護士が解説

役所に提出する報告書に関する相談・解決事例 【相談例】 産業廃棄物中間処理業を営む法人が、役所から、許可された処理能力を超過して産業廃棄物が処理されているおそれがある旨指摘され、所定の期限までに報告書を提出するよう求められた。 当該法人において報告書を作成したものの、このままの内容で報告書を役所に提出するのが適切か否かについて、判断がつかなかったことから、廃棄物処理法に関する . . .
続きを読む>>

廃棄物処理法違反の事実が判明した際の対応に関する相談・解決事例

廃棄物処理法違反の事実が判明した際の対応に関する相談・解決事例 【相談例】 ある法人において、事業場内で発生した紙や枯れ木・枯れ草等を長期間にわたってドラム缶型の簡易焼却炉で焼却していた事実(以下「本件事実」といいます。)が判明した。 廃棄物処理法を調べたところ、廃棄物処理法に違反して廃棄物を焼却すると重い刑罰が科せられるおそれがあり、会社経営に対する重大な影響を与えかねない . . .
続きを読む>>

廃棄物に関わる事業者の方へ|廃棄物処理法分野に注力する弁護士をセカンド顧問とする必要性

法人のお客様の中には、既に弁護士との間で顧問契約を締結されている方も少なくないのではないかと思います。 しかし、廃棄物処理法は、多くの弁護士にとって、業務上頻繁に取り扱う法律とまではいえないのが実情であると思われます。 ですので、廃棄物処理法に関する相談を顧問弁護士に急いで相談して対応しようにも、顧問弁護士から迅速な回答を得られなかったり、専門外なので回答できないと言われてしまったりケ . . .
続きを読む>>

廃棄物処理法に定める欠格要件該当によって許可が取り消されないようにするために

欠格要件該当によって許可が取り消されないようにするために  廃棄物処理業に関わる企業を経営するためには、業許可を維持することは不可欠といえます。  しかし、万一、会社の取締役や、取締役と同等以上の支配力を有すると認められる株主等が廃棄物処理法に定める欠格要件に該当してしまいますと、業許可が取り消されてしまいます。  例えば、会社の取締役が酒に酔って喧嘩をして、相手に怪我を負わせてしま . . .
続きを読む>>

廃棄物処理法上の行政対応に関する法的サービスについて

廃棄物処理法上の行政対応に関する法的サービスについて 産業廃棄物を扱う業務に従事しておりますと、産業廃棄物の処理を巡るトラブルに巻き込まれてしまうことが少なくありません。 産業廃棄物の処理を巡るトラブルというと、ニュースや報道で良く目にすることもあって、不法投棄の事案を思い浮かべる方が多いと思います。現に、自社が不法投棄に関与することはないから関係ないと思い込んでいらっしゃる方が大半な . . .
続きを読む>>

M&Aによる廃棄物処理業の事業承継

M&Aによる廃棄物処理業の事業承継 廃棄物処理業を営む経営者の方が、将来の自社に関する事業承継を考えるにあたって、長男等の親族内への事業の承継のほかに、親族以外の第三者(従業員や同業他社)への事業の承継を選択肢として検討されているのではないでしょうか。 親族以外の第三者への事業の承継は、第三者の立場から見ますと、廃棄物処理業を営む法人に対するM&Aの側面を有しております。 廃棄物処理 . . .
続きを読む>>

廃棄物処理に関する「よくあるご質問」

Q1 抜き打ちで実施した社内調査により、ある事業所において、廃棄物処理法に違反する事実があることが判明しました。この場合、どのように対応したら良いか? A1 判明した廃棄物処理法に違反する事実について、仮に罰金刑以上の刑に処せられてしまうと、廃棄物処理法に規定する欠格事由に該当する結果、業許可や施設設置許可が取り消され、会社にとっては企業存続に関わる大きなダメージを受けることとなります。行政当局 . . .
続きを読む>>

廃棄物処理業界における改善命令・措置命令・事業停止・許可取消

1.改善命令 廃棄物処理基準・廃棄物保管基準に適合しない場合に、改善命令の対象となる。 ex.1産業廃棄物の保管場所における保管量が産業 廃棄物処理基準に適合しないケース ex.2許可を受けた保管量を超えた大量の産業廃棄  物を保管していたケース ex.3敷地境界の騒音値が許可申請書に添付された維持管理計画に記載された数値を超過していたケース 2.措置命令 生活環境の保全上の支障が . . .
続きを読む>>

産廃業の違反事例と刑罰

産廃業の違反事例と刑罰(処分) 本項では、実際にどのようなケースで、どのような処分に該当するのかをまとめましたので、ご参考にして下さい。刑事裁判等の司法の段階に行く前に、行政処分が行われるケースが多くを占めますが、以下に掲げる事例は、そもそも罰則も定められているくらい重大な法違反に該当するケースであることを認識する必要があるといえます。 1.委託基準違反関係の事例 実施したこと . . .
続きを読む>>

<< 前の記事を見る

ご相談のご予約はこちらから

MINATO Law Office 湊総合法律事務所

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビルヂング北館12階1213区

03-3216-8021※受付時間 9:00〜18:00

でのお問い合わせはこちらから

取扱分野