廃棄物処理業界チームよりご挨拶

廃棄物処理業界チームよりご挨拶

廃棄物処理業界チームよりご挨拶

(1)当事務所が目指すところ
当事務所では、産業廃棄物に関する数多くの案件に対応してまいりました。その中には、廃棄物処理法に対する理解の乏しさから廃棄物処理法違反につながり、その結果、企業が経営危機に陥った事案に接することもございました。当事務所としましては、廃棄物処理法違反に起因する企業経営上の危機を未然に防止するために、顧問先企業様を始めとするクライアント様に対し、廃棄物処理法上のリスクに関して的確なリーガルサービスを提供することを目指しております。
(2)排出事業者の方へ
企業活動を行っていれば、製造業であれサービス業であれ、不可避的に廃棄物を発生させることとなります。
どんなに小さい企業であっても廃棄物を発生させているのだとすれば、企業を経営するに際しては、少なくとも廃棄物処理法を理解している必要があるでしょう。
廃棄物の不法投棄といった不適正処理が後を絶たないことに伴って、廃棄物を排出した事業者が産業廃棄物の処理について最終責任を負担するという「排出事業者責任」が課されることとなり、仮に廃棄物処理業者等が不法投棄してしまうと、その原状回復すべき責任を負わなければならない場合が生じることとなりました。
産業廃棄物の不適正処理など自己の会社とは無関係であると高を括っていると、思わぬところで足を掬われることがありますので、廃棄物処理法に関する危機管理の観点からも、早期に弁護士等の専門家が提供するリーガルサービスの利用を検討する必要があると考えます。
(3)産業廃棄物処理業者の方へ
産業廃棄物の適正な処理を行うには、産業廃棄物収集運搬業者及び産業廃棄物処理業者の方々の廃棄物処理法に対する正確な理解が不可欠といえます。廃棄物処理法違反によって罰金刑以上の刑事罰が科されてしまうと、欠格事由に該当するため、業許可が取り消されることとなり、事業の継続が困難となります。そのような廃棄物処理法違反に起因する危機に事前に対応するためには、廃棄物処理法に精通する弁護士等の専門家のサポートを受けることが有用であるといえます。
(4)管理会社の方へ
管理会社については、平成29年3月21日に環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部廃棄物対策課長産業廃棄物課長から発出された「廃棄物処理に関する排出事業者責任の徹底について(通知)」において、排出事業者が管理会社に委ねることによる弊害に関する懸念が示されております。
しかしながら、廃棄物処理法に対する正確な理解を有する管理会社の方が、上記懸念を払拭することができる場合には、産業廃棄物の適正な処理につながり得るのに対し、かかる懸念が払拭できない場合には、管理会社としての事業が継続できなくなる事態も起こり得るものと考えます。
そこで、管理会社としての事業が継続できなくなる事態が生じることを未然に防止するためにどのような対応をとるべきかについて検討の上、早期に廃棄物処理法に精通した弁護士等の専門家と連携して事業を継続していくことが肝要であるものと考えます。

産廃分野に関する法的サービスについて

当事務所では廃棄物処理業を対象にした法的サービスを提供しております。
以下にサービス内容例を記載しておりますので、ご参考にしてください。
御社の法務ニーズに合わせてご相談のうえ、対応内容を検討させていただきますので、まずはお気軽にご連絡ください。
・対行政交渉サービス(30〜50万円)
行政処分等を受ける可能性がある場合に、お客様と共に、弁護士が行政との交渉の場に同席して、行政処分等を未然に回避することを目的とするサービス。
・許可取消リスク把握サービス(25〜40万円)
業許可を有する廃棄物処理業者の株主構成、役員構成、廃棄物処理の実際の運用状況を確認の上、許可取消のリスクとして考えられるものを具体的に指摘し、許可取消リスクをできる限り低減することを目的とするサービス。
・廃棄物該当性に関する法的意見提供サービス(10万円〜応相談)
廃棄物に該当するかどうか判断するのが容易ではない物について、法的意見を提供し、廃棄物処理法の適用に備えることを目的とする。

改善命令・措置命令・事業停止・許可取消

改善命令・措置命令・事業停止・許可取消に関する該当事例等についてご確認いただけるページをご用意しております。
詳しくはこちらをご覧ください。

廃棄物に関するよくあるご質問

廃棄物処理に関する「よくあるご質問」をご確認いただけるページをご用意しております。
詳しくはこちらをご覧ください。

廃棄物該当性に関するチェック項目

1 対象物の性状(安定性を有しているか、有害性を有しないか等)
2 対象物の排出の状況(排出が需要に沿った計画的なものであるか、排出前や排出時に適切な保管や品質管理がされているか等)
3 通常の取り扱い形態(製品としての市場が形成されており、廃棄物として処理されている事例が通常は認められないこと(市場性))
4 取引価値の有無(有償譲渡がなされており、かつ客観的に見て当該取引に経済合理性があること)
5 占有者の意思(客観的要素から社会通念上合理的に認定し得る占有者の意思として、適切に利用し若しくは他人に有償譲渡する意思が認められること、又は放置若しくは処分の意思が認められないこと)

産業廃棄物の関連ページ

取扱分野

ご相談のご予約はこちらから

MINATO Law Office 湊総合法律事務所

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビルヂング北館12階1213区

03-3216-8021※受付時間 9:00〜18:00

でのお問い合わせはこちらから