債権回収

債権回収


 担保権の実行

先取特権、抵当権といったような担保権を実行することで、裁判の判決を得ることなく、債権を回収できます。 主な担保権の種類は、以下の通りです。 先取特権 売掛債権に関しては、債務者に売った商品から優先的に債権を回収できる動産売買先取特権が認められている。 留置権 権利の対象となったものを留置することで債務の支払いを促す効果を持っている。 抵当権 不動産 . . .
続きを読む>>

 代物弁済

代物弁済とは、債権者が債務者に対して1000万円の貸金債権を持っていた場合に、債務者が1000万円を金銭で返せない場合、1000万円の価値がある車や土地、宝石などを代わりに引き渡してもらうことです。 本来の履行として予定したものではなく、債権者と債務者の合意により、別のもので債務の弁済が行われることと定義することができます。代物弁済を実施する場合の注意点としましては、債権額と代物弁済で受け取 . . .
続きを読む>>

 保証人から回収する

保証人とは、債務者が債務を履行しない場合に変わりに債務を履行する約束をした人のことであり、保証人と連帯保証人の2種類があります。 債務者からの債権回収が困難な場合、連帯保証人からの回収を検討します。連帯保証人は、債務者と全く同じ義務を背負っており、借りた本人と同等の扱いとなります。そのため、自分は直接借りていないから返さない、関係が無いということはいえません。 また、債権者から債務者の . . .
続きを読む>>

取引先倒産の場合の債権回収

取引先の倒産後に、当該取引先に対する債権を全額回収することは困難ですが、考えられる法的な手段を尽くして、少しでも多く債権回収できるように行動します。 ただし、破産手続などの法的手続が行われることになった場合には、後日、破産管財人等から債権者の行った債権回収行為(例えば、代物弁済や相殺等)が否認されるリスクもあることに留意する必要があります。 (1)情報の確認 まず、取引先A社に関する倒産 . . .
続きを読む>>

 取引先が破産手続を開始

取引先の倒産後に、当該取引先に対する債権を全額回収することは困難ですが、破産手続が開始された場合に、どのように対応したら良いかを知っているかどうかで、回収額に差が生じる可能性があります。 そこで、破産手続の流れを確認した上で、債権者としてどのように行動すべきかについて十分理解しておく必要があります。 (1)取引先が破産となった場合の債権回収方法 取引先が破産した場合、債権者は、原則として . . .
続きを読む>>

 取引先が民事再生手続を開始

取引先につき民事再生手続が開始された場合、当該取引先に対する債権を全額回収することは困難ですが、民事再生手続においてどのように対応したらよいかを知っているかどうかで、当該取引先からの回収額に差が生じる可能性があります。 民事再生の場合、手続開始の申立てと同時に、裁判所から弁済禁止の保全処分が出されることが一般的で、この保全処分が出されると、債権者は、原則として、民事再生手続外において、債務者 . . .
続きを読む>>

 取引先が会社更生手続を開始

取引先の倒産後に、当該取引先に対する債権を全額回収することは困難ですが、会社更生手続が開始された場合に、どのように対応したら良いかを知っているかどうかで、回収額に差が生じる可能性があります。 そこで、会社更生手続の流れを確認した上で、債権者としてどのように行動すべきかについて十分理解しておく必要があります。 会社更生の場合、手続開始の申立と同時に、裁判所より弁済禁止の保全処分が出されると、 . . .
続きを読む>>

 関係を悪化させずに回収する

「弁護士に依頼すると争いが大きくなるだけではないか」 「弁護士はすぐに裁判をしたがるのではないか」 ・・・そんなご心配を耳にすることは多いです。 かといって,現状のままでは何も解決しない,何か解決の糸口を見つけ出したい。そのような場合はどうしたらよいのでしょうか。当事務所では,ご相談者の方に一つの解決策を押しつけることはせず,選択肢をご提示してより良い解決を皆様と図ってい . . .
続きを読む>>

未収金にならないための予防方法

そもそも未収金が発生しなければ,債権回収という問題は生じないわけですが,どのような予防方法があるのでしょうか。取引において最も重要なものの一つが契約書ですが,相手方から送られてきた契約書の内容をよく吟味せずにそのまま締結したり,インターネット上で書式を入手してそのまま契約書として使用したりする場合が結構多いようです。 しかし,本当にその契約書が,万一の時に役に立つのでしょうか。 通常, . . .
続きを読む>>

 信用調査の必要性

Q.新規取引を開始するのにあたって、信用調査を行うことを検討しています。   このような調査を行うことは効果的でしょうか? A.債権回収を確実なものとするためには、回収不能に陥る可能性のある債権をできる限り抱えないよう取引開始前から十分に準備することが必要です。その1つの方法として、取引先の信用調査を行うことが求められます。 新規の顧客と取引を開始することは、会社の営業利益を増加させ . . .
続きを読む>>

<< 前の記事を見る 次の記事を見る >>

ご相談のご予約はこちらから

MINATO Law Office 湊総合法律事務所

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビルヂング北館12階1213区

03-3216-8021※受付時間 9:00〜18:00

でのお問い合わせはこちらから

取扱分野