債権回収

債権回収


債権回収

債権回収のための対策と手段 "ビジネスにおいては売掛金、サービス利用料等各種の金銭債権が発生しますが、取引先の状況によっては、支払いが滞り、債権回収に支障を来すことがあります。 このような場合、効果的な債権回収のためにどのような対策を取ることができるのか、具体的な状況に応じて検討することが重要となります。 また、契約締結段階や取引先について回収が危ぶまれる事態が生じた段階では、その後 . . .
続きを読む>>

契約書作成時の注意点

契約書作成時の注意点 Q.債権回収を確実に行うためには、どのような点に注意して契約書を作成すればよいでしょうか。 A.当事者の合意を文書にしたものが契約書ですので、特に決まった形式や要件はありません。 しかし、後日の債権回収を確実に行うためには、当事者の合意によって、どのような債権が発生し(内容)、その合意がどのような形で実現されるのか(履行)を明確にしておく必要があります。 また、 . . .
続きを読む>>

与信調査の必要性と与信調査の方法

与信調査の必要性と与信調査の方法 1 与信調査の必要性 債権回収を確実なものとするためには、回収不能に陥る可能性のある債権をできる限り抱えないよう取引開始前から十分に準備することが必要です。その1つの方法として、取引先の信用調査を行うことが求められます。 新規の顧客との取引を開始することは、会社の営業利益を増加させる機会を得るのと同時に、新たに債権の回収不能のリスクを負うことも意 . . .
続きを読む>>

担保権の設定と保証契約

担保権の設定と保証契約 Q.設立間もない会社と新たに取引を始めることになりました。 売掛金を確実に回収するための方策はあるのでしょうか。 A.反復継続して行われる商取引においては、取引から生じた代金の回収を、「毎月末日締め翌月末払い」や「毎月末日締め翌々月末払い」など後払いの条件で行うことが多いため、担保権の設定、債権回収のリスクを考える必要があります。債権回収を確実にするために有効な . . .
続きを読む>>

支払いが滞ってきた場合

支払いが滞ってきた場合 Q.取引先の業績が悪化し、売掛金の支払いが遅れてきています。 売掛金の保全措置としてどのようなことをすればよいのでしょうか? A.長年取引をしていると、取引先の中には売掛金の支払いができなくなるような会社も現れます。そのような場合であっても、すぐに取引を停止することは困難であると考えられるため、支払条件変更の合意をして契約書に確実に残すとともに、できる限り人的・物 . . .
続きを読む>>

取引先の経営状態が悪化した場合

取引先の経営状態が悪化した場合 取引先の経営状態が悪化した場合、その程度によっては当該取引先に対する債権を全額回収することが困難となる場合もありますが、下記(1)~(7)の手段を尽くして、少しでも多く債権回収できるように行動することが重要です。 ただし、支払停止後や、破産手続の申立てなどの法的手続が行われることになった場合には、後日、破産管財人等から債権者の行った債権回収行為が否認され . . .
続きを読む>>

支払が停止した場合

支払が停止した場合 Q.取引先からの支払いが、ここ数ヶ月間まったくなくなってしまいました。 「売掛債権を譲渡するから、それで勘弁してくれないか」と言われ、それ以外には交渉にも応じてくれません。 このような場合どのような手段によって回収すれば良いでしょうか? A.まずは内容証明郵便により請求をしますが、それだけでは支払われないことが多いので、訴訟等の法的手続を使って回収する必要があり . . .
続きを読む>>

取引先が会社更生手続を開始

取引先が会社更生手続を開始 取引先の倒産後に、当該取引先に対する債権を全額回収することは困難ですが、会社更生手続が開始された場合に、どのように対応したら良いかを知っているかどうかで、回収額に差が生じる可能性があります。 そこで、会社更生手続の流れを確認した上で、債権者としてどのように行動すべきかについて十分理解しておく必要があります。 会社更生の場合、手続開始の申立てと同時に、裁判所より . . .
続きを読む>>

取引先が民事再生手続を開始

取引先が民事再生手続を開始 取引先につき民事再生手続が開始された場合、当該取引先に対する債権を全額回収することは困難ですが、民事再生手続においてどのように対応したらよいかを知っているかどうかで、当該取引先からの回収額に差が生じる可能性があります。 民事再生の場合、手続開始の申立てと同時に、裁判所から弁済禁止の保全処分が出されることが一般的で、この保全処分が出されると、債権者は、原則として、 . . .
続きを読む>>

取引先が破産手続を開始

取引先が破産手続きを開始 取引先(破産者)の破産後に債権を全額回収することは困難ですが、破産手続が開始された場合にどのように対応したら良いかを知っているかどうかで回収額に差が生じる可能性があります。 そこで、以下では、債権者として破産手続に関与する際に注意すべきポイントを解説します。 (1)債権届出 まずは債権届出を行う必要があります。 破産手続開始決定の際、破産債権の届出期間が . . .
続きを読む>>

次の記事を見る >>

ご相談のご予約はこちらから

MINATO Law Office 湊総合法律事務所

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビルヂング北館12階1213区

03-3216-8021※受付時間 9:00〜18:00

でのお問い合わせはこちらから

取扱分野