債権回収

債権回収


債権回収を弁護士に依頼するメリット

売掛金の回収が滞っている場合でも、 「適当な約束もしくは契約書を交わしてしまったので回収は無理だと思う」 「こちらにも若干の落ち度がある気がする」 「脅迫や恐喝に間違われないか心配」 「そもそも相手が倒産してしまって回収は不可能だと思う」   上記のような事柄を考え、お悩みになったために、あきらめてしまっているという方は多いのではないでしょうか? 上記のどの事柄も弁護士が債権回収 . . .
続きを読む>>

湊総合法律事務所の債権回収の特長

①ご依頼者に最大限の利益を獲得していただくことを目標としています 私たちは、どのような状況においても、会社の置かれている様々な状況を多角的に検討し、可能な限り、経営者様と共に迅速かつ円滑な債権回収を目指し、できる限りご依頼者に最大限の利益を獲得していただくことを目標としています。 ②年間100件以上の債権回収を手掛けており、様々な業種の特性に応じた回収方法に精通しています 当事務所の . . .
続きを読む>>

【解決事例】強制執行手続により貸金債権500万円を回収した事例

ご依頼者は、500万円ものお金を知人に貸したのに返してもらえないということでご相談にいらっしゃいました。相手方に連絡しても電話にも出ず、内容証明郵便を送っても反応がないという状況で、交渉を行うことは難しいと思われましたので、すぐに当事務所の弁護士が代理人となり訴訟を提起しました。 相手方は第1回期日に出席せず、すぐに貸主勝訴の判決が下されました。しかし、相手方は判決も無視して全く支払おうとし . . .
続きを読む>>

【解決事例】訴訟手続(通常訴訟手続)により売買代金800万円を回収した事例

C社は取引先であるD社から商品の売買代金約800万円が支払われず、何度も支払いを催促したり、内容証明郵便を送付したりしても効果がなかったため、当事務所にその回収をご依頼いただきました。   D社は大会社で資金は十分にあるものと思われましたが、C社が納入した商品に問題があると主張しており、話し合いで解決できる見込みはありませんでした。そこで、当事務所の弁護士がC社の代理人となり . . .
続きを読む>>

【解決事例】支払督促手続によりサービス金額を全額回収した事例

インターネット上でサービスを提供しているA会社より、当該サービスの利用者から、利用料合計約80万円が支払われないとのご相談がありました。詳しくお話を伺うと、当該利用者とは書面で契約書を締結していたため住所も判明していました。   また、利用者は単に支払いを先延ばしにして行わないだけで、債務の存在や金額に異議があるわけではないということもわかりました。そこで、当事務所がフォロー . . .
続きを読む>>

【解決事例】民事調停手続により話し合いに応じない両者が合意した事例

M社は顧客から委託を受けてホームページを制作している会社ですが、その業務委託料100万円が支払われないとのことでご相談にいらっしゃいました。 M社としては、顧客の指示通りにホームページを作成したはずであるが、顧客が意図していたものと違うとクレームをつけられ、業務委託料の減額を迫られているとのことでした。顧客との間では何度も話し合いを行っているが、実際に顔を突き合わせるとお互い感情的になってし . . .
続きを読む>>

【解決事例】仮差押手続きにより売掛金全額を保全した事例

G社は家具を製造しているメーカーでしたが、商品を売った相手方から2か月分にわたる合計900万円の売掛金を支払ってもらえないとのことで相談にいらっしゃいました。   早速当事務所の弁護士が代理人となり内容証明郵便を送りましたが、全く支払う気配がありません。しかも、相手方は業界内で資金繰りに苦しく倒産するのではないかという噂もあるとのことでした。 相手方には所有の不動産がありました . . .
続きを読む>>

【解決事例】内容証明郵便にて未収金を600万円回収した事例

A社は他社からの発注を受けて機械の部品を製造している会社でしたが、主要な取引先であるB社から請負代金が数ヶ月分にわたって支払われず、既に600万円ほどに達している。このままでは従業員の給料も払えなくなってしまう、切羽詰まった様子で当事務所にご相談にいらっしゃいました。 A社の社長が何度B社に支払いを催促しても、B社はA社の発注元であることから、強い立場を利用して威圧的に怒鳴り散らすばかりで全 . . .
続きを読む>>

債権回収の解決事例

当事務所は、約180社(2018年6月現在)の顧問先から日々様々な法律相談をお受けしておりますが、その多くに債権回収が関係しています。また、実際に当事務所が関与して債権回収を行う件数も年間100件以上に上ります。本項では、その一部をご紹介致します。 機械部品製造業 内容証明郵便により、取引先から請け負い代金600万円を回収した事例 家具製造メーカー 仮差押手続きにより、売掛金900万円 . . .
続きを読む>>

 動産売買先取特権について

Q. 当社はアクセサリー等の宝飾品を製作して卸業者Y社に販売し、Y社が   その商品を小売業者Zに売却していますが、買主であるY社が売買代金を   支払ってくれません。売買代金を効果的に回収するに方法はないでしょうか?   A. 動産売買先取特権を行使することが可能です。 アクセサリー等の商品(これは法律上は「動産」とされます)を売却したのに、債務者が売買代金を支払ってくれない場合に、連 . . .
続きを読む>>

<< 前の記事を見る

ご相談のご予約はこちらから

MINATO Law Office 湊総合法律事務所

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビルヂング北館12階1213区

03-3216-8021※受付時間 9:00〜18:00

でのお問い合わせはこちらから

取扱分野