債権回収

債権回収


債権回収を弁護士に依頼するメリット

売掛金の回収が滞っている場合でも、 「適当な約束もしくは契約書を交わしてしまったので回収は無理だと思う」 「こちらにも若干の落ち度がある気がする」 「脅迫や恐喝に間違われないか心配」 「そもそも相手が倒産してしまって回収は不可能だと思う」   上記のような事柄を考え、お悩みになったために、あきらめてしまっているという方は多いのではないでしょうか? 上記のどの事柄も弁護士が債権回収 . . .
続きを読む>>

当事務所の債権回収の特徴

①ご依頼者に最大限の利益を獲得していただくことを目標としています 私たちは、どのような状況においても、会社の置かれている様々な状況を多角的に検討し、可能な限り、経営者様と共に迅速かつ円滑な債権回収を目指し、できる限りご依頼者に最大限の利益を獲得していただくことを目標としています。 ②年間100件以上の債権回収を手掛けており、様々な業種の特性に応じた回収方法に精通しています 当事務所の . . .
続きを読む>>

弁護士による債権回収

債権・売掛金回収には、様々な方法があります 当事務所へ債権・売掛金回収をご相談頂いた場合、貴社の状況に合わせて最適な方法をご提案させて頂きます。極力もめたくない、費用を抑えて欲しい、早期の解決を実現したい等々依頼者の方によって状況や意向が大きく異なるためです。当事務所では、年間120件以上の債権回収を手掛けており、その豊富な経験・実績から考えられる最善の方法をご提案致します。   . . .
続きを読む>>

 内容証明郵便

弁護士が、(弁護士名で)内容証明郵便で催促・督促致します 弁護士に依頼する前に既に自社において内容証明郵便を送付している場合であっても、弁護士が改めて送付することは有効です。 当事務所からお送りする弁護士名が明記された内容証明郵便には、「期限内に支払わなければ法的措置を講じる」と明記しますので「このまま放置をしてしまうと訴訟に発展してしまうのか・・・・」と相手が思うケースが多く、「支払わな . . .
続きを読む>>

 支払督促手続

「支払督促」という書類を裁判所から相手方に送付致します。支払督促は、裁判所書記官が債務者に対し、金銭の支払を督促してくれる制度です。書類審査のみなので、訴訟のように審理のために裁判所に赴く必要はなく、手数料も訴訟の場合の半額です。また、現在インターネット上のオンラインシステムでの申立も可能となっています。(http://www.tokuon.courts.go.jp/AA-G-1010.html) . . .
続きを読む>>

 民事調停手続

裁判所に調停を申立てます。電話・内容証明・支払督促という手段を実施したにも関わらず、相手が応じないという場合には、民事調停も検討しましょう。こちらは裁判所を利用する手続きですが、弁護士を立てずに実施することも可能です。 民事調停手続におけるメリットは、和解を成立させることができれば、強制執行ができる点、また、訴訟よりも安く、手続きが簡単という点が挙げられます。 しかしながら、当事者同士 . . .
続きを読む>>

 少額訴訟による債権回収

60万円以下の金銭の支払いを求める場合には,簡易裁判所に少額訴訟を提起することができます。 少額訴訟の特徴としては, 原則として1回の期日で審理を終えることとなっていること 裁判所にかかる費用が安価であること 手続が簡易であること などのメリットがありますが、 同じ簡易裁判所には1年に10回までしか少額訴訟を求めることができないこと 債務者が少額訴訟を . . .
続きを読む>>

 仮差押手続

訴訟を提起する前に、一定の財産を差し押さえておく手続です。訴訟を提起して判決を得るまでの間に相手方が破産してしまったり財産を隠匿してしまうおそれがあるなど、債権を保全しておく必要がある場合、訴訟提起前に、相手方の財産のうち債権額に相応する財産を差し押さえることができる手続きです。 仮差押えができれば、訴訟提起後、確定判決を得たあとに、仮差押えにかかる財産につきそのまま強制執行することができま . . .
続きを読む>>

 訴訟手続(通常訴訟手続)

弁護士が代理人となって訴訟を行います。訴訟手続は、債権・売掛金を回収する方法としては一番の正攻法ともいえる方法です。 当事務所では、この訴訟手続きを活用するケースが圧倒的に多いです。なぜなら、訴訟手続は、一般的に持たれている長期間に及ぶというイメージとは異なり、事案によっては第1回目の裁判期日終了後直ちに判決が出るなど、早期解決を望めるケースも少なくないためです。 また、元々支払う気の . . .
続きを読む>>

 強制執行手続

差し押さえ等を実施し、債権回収を実現致します。 訴訟に勝っても相手が債権を任意に支払ってくれない場合、裁判所に強制執行を求めて、債権を回収する方法です。債権回収の最終手段ともいえる方法であり、非常に有効な方法です。相手方が任意の支払に応じない場合、裁判所に強制執行を求めます。 強制執行には、大きく分けて 不動産執行 動産執行 債権執行 の3種類がありますが、 . . .
続きを読む>>

<< 前の記事を見る

ご相談のご予約はこちらから

MINATO Law Office 湊総合法律事務所

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビルヂング北館12階1213区

03-3216-8021※受付時間 9:00〜18:00

でのお問い合わせはこちらから

取扱分野