退職リスク対策

退職リスク対策


競業避止に関する契約プラン

当事務所では従業員による競業避止を未然に防止するためのプログラムを提供しております。 大項目 小項目 説明 スポット料金 ベーシック アドバンス プレミアム 10万円 30万円 50万円 情報提供 競業避止リスク診断 スポットでの 対応なし ○ ○ ○ 競業避止 誓約書 <入社時誓約書>作成 . . .
続きを読む>>

退職リスク対策チームよりご挨拶

退職リスク対策チームよりご挨拶 人材の流動性が高まるなか、退職した従業員とのトラブルのご相談が増えています。「自社の技術やノウハウが元従業員によって競合他社に漏れているようだ」、「独立した元従業員が、うちの顧客情報を使って営業をしている」といった事態を生じさせないようにするために、またそのような事態の発生時に元従業員に対して有効に対抗できるようにするためには、雇用契約書、競業避止誓約書、就業 . . .
続きを読む>>

情報通信業

業界の状況(情報漏洩・従業員の引き抜きが起こりやすい状況、環境について) 情報通信業は、従業員が顧客に常駐してシステム開発をすることも多く、顧客と従業員が個人的に親密になることが多い業界といえます。また、チームごとで稼働しているケースが多く、チーム単位で移動することで役務提供が継続的に可能であるという特徴があります。さらに、エンジニア自体がパソコン等の機器操作に長けているため、会社がわからないよ . . .
続きを読む>>

不動産業

業界の状況(情報漏洩・従業員の引き抜きが起こりやすい状況、環境について) 不動産業界は、営業を担当する従業員が顧客と懇意になりやすい点に特徴があります。加えて外回りが多いため、従業員個人の携帯電話などに顧客の連絡先等の情報が蓄積しやすく、退職後もすぐに顧客に連絡がしやすい環境にあります。 また、一般消費者というよりも特定の地主等の顧客情報が重要となるため、顧客名簿を持ち出されることで、多額の損 . . .
続きを読む>>

旅行業

業界の状況(情報漏洩・従業員の引き抜きが起こりやすい状況、環境について) 旅行業界は、営業を担当する従業員が顧客と懇意になりやすい点に特徴があります。加えて外回りが多いため、従業員個人の携帯電話などに顧客の連絡先等の情報が蓄積しやすく、退職後もすぐに顧客に連絡がしやすい環境にあります。 また、一般消費者に加え毎年利用する固定団体客をいかに確保するかという観点から、顧客情報が非常に重要になります . . .
続きを読む>>

福祉業

業界の状況(情報漏洩・従業員の引き抜きが起こりやすい状況、環境について) 福祉業界のなかでも、福祉用具の販売業、レンタル業、要介護者向けの住宅改修事業は、事業者が地域のケアマネージャーとの人的繋がりを生かして、ケアマネージャーからの紹介で取引に至るケースが多いという特徴があります。 そして、福祉用具のレンタル・販売業は、顧客との継続的な取引となり、担当従業員と顧客との繋がりが強いといえます。 . . .
続きを読む>>

理容・美容業

業界の状況(情報漏洩・従業員の引き抜きが起こりやすい状況、環境について) 理容・美容業界は、同業他店への移籍や独立など、人材の流動性が高い業界といえます。 また、特定の顧客に対して特定の美容師又は理容師が担当するケースが多く、従業員の移籍や独立があると顧客もそのまま奪取される可能性が比較的高い業界でもあります。 更に、会員カード等を用いることにより顧客情報が一元管理されている場合が多く、顧客 . . .
続きを読む>>

【よくあるご質問】Q.在職中の従業員から会社の秘密情報や個人情報が漏洩しないようにするために対策できることはありますか。

 在職中の従業員に秘密情報を漏洩させないためには、就業規則において、秘密情報や個人情報を漏洩したり、会社の業務以外で使用したりすることを禁止し、これに従わない場合は懲戒事由とすることが考えられます。  また、就業規則を確認しない従業員もいますので、入社時に秘密保持に関する誓約書を締結しておくことが有用です。部署の異動等により、新たな秘密情報に接する業務に就く場合には、その都度、秘密情報の内容 . . .
続きを読む>>

Q.在職中の従業員が、当社と同業の副業を始めたようです。当社では、就業規則などに同種の副業を禁じる規定はおいていませんが、止めることはできますでしょうか。

 在職中の従業員は、労働契約に基づく信義則上の付随義務として、使用者の利益を不当に侵害しない義務を負うと解されており、その一環として当然に競業避止義務(同業の営業を行ってはいけない義務)を負うと解されています。よって、合意書や就業規則にその旨の定めがなくても、従業員に対し、これらの義務を遵守することを求めることができます。  もっとも、実務上は、就業規則で定めていることが多いですし、従業員の . . .
続きを読む>>

Q.元従業員が、退職後、当社と同業種の会社を立ち上げ、営業していることがわかりました。顧客を奪われないよう、すぐに営業をやめるよう求めることはできますか。

 在職時と異なり、退職後の元従業員は当然に秘密保持義務や競業避止義務を負うものではありません。    退職後においても秘密保持義務や競業避止義務を課すためには、合意書・誓約書の作成や就業規則への明記など、労働契約上の明確な根拠が必要となります。  したがって、退職後の競業や秘密漏洩を防ぐためには、合意書・誓約書の作成や就業規則への明記を行っておくことが必要不可欠です。 その他、関連 . . .
続きを読む>>

<< 前の記事を見る

ご相談のご予約はこちらから

MINATO Law Office 湊総合法律事務所

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビルヂング北館12階1213区

03-3216-8021※受付時間 9:00〜18:00

でのお問い合わせはこちらから

取扱分野