機密保持

機密保持


機密保持

機密保持に関する法律問題 「企業秘密」という言葉は一般によく使われます。しかしながら、きちんと「企業秘密」の漏洩に関して対策をされている企業様は比較的少ないようです。本サイトでは、企業秘密の漏洩を防止するための対策、および万が一、漏洩された場合の対処方法についてお答えいたします。         機密保持に関連するセミナー実績及び情報/論文/書籍 . . .
続きを読む>>

企業秘密と機密保持契約書

企業秘密と機密保持契約書 当社は、ロボットの開発・製造をしています。 部品の製造を他の業者(B社)に委託しようと考えており、当社の企業秘密 (営業秘密)であるロボット製造技術情報の一部を開示する必要があります。 B社から情報が漏れないようにするには、どうすれば良いでしょうか? 委託先の従業員や役員が当該企業秘密を漏洩しないよう常に監視をすることは不可能です。ですから、「営業秘密 . . .
続きを読む>>

不正競争防止法の「営業秘密」

不正競争防止法の「営業秘密」 不正競争防止法で「営業秘密」がほごされていると聞きましたが、 どのようなものがこれに該当するのでしょうか? A. 不正競争防止法は、同法で規定する「営業秘密」について、同法が規定する6つの類型の不正競争がなされた場合に、営業秘密の保有者は不正競争行為を行った者に対して、不正競争の差止請求や損害賠償請求等をすることができる、としています。 ただ、不正競 . . .
続きを読む>>

営業秘密を漏洩されたら

営業秘密を漏洩されたら 当社はロボットの開発・製造をしていますが、ロボットに使用する部品の 一部の製造を他の業者(B社)に委託しております。 今回、当社の企業秘密である技術情報を漏洩されてしまいました。 どのような措置をとることが可能でしょうか? 企業秘密(営業秘密)を取引先に漏洩されてしまった場合、次のような措置を取ることができます。 (1) 民事上の措置 不正競争防止 . . .
続きを読む>>

公告制度と決算公告の目的について押さえよう

公告制度と決算公告の目的について押さえよう 1 公告制度と決算公告の目的 「公告」とは、官報その他の方法により、特定の利害関係者に限らず広く会社の情報を公開することをいいます。会社法では、株式会社は定時株主総会の終結後遅滞なく、決算の公告を行わなければならないと定められています(会社法440条1項)。 これは、株主や債権者等に対し会社の計算書類を公告することにより、その内容を周知させ、不 . . .
続きを読む>>

個人情報保護法改正

個人情報保護法改正 1 はじめに  個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」といいます。)は、平成15年に成立し、同17年に施行された法律です。しかし、施行から現在に至るまでの約10年間に、個人情報に該当するかどうかの判断が困難ないわゆる「グレーゾーン」が拡大したり、パーソナルデータ(個人情報に限定されない個人の行動・状態に関するデータ)を含むビッグデータの適正な利活用ができるよ . . .
続きを読む>>

ご相談のご予約はこちらから

MINATO Law Office 湊総合法律事務所

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビルヂング北館12階1213区

03-3216-8021※受付時間 9:00〜18:00

でのお問い合わせはこちらから

取扱分野