株主総会

株主総会


株主から事前質問状が送られてきた場合の対処法

株主から事前質問状が送られてきた場合 株主から事前に質問状が送られてきたのですが、どうすればよいでしょう? 株主総会に先立って事前質問状が送られてきた場合の対応ですが、基本的には、当該事前質問状に対する回答案を作成しておく必要があります。事前質問状を受け取ったことにより、「調査をすることが必要」という理由で質問に対する説明を拒絶することができなくなる、という効果があるからです。 もっとも、回 . . .
続きを読む>>

譲渡制限株式について譲渡承認請求を受けた。どう対応すればよいか?

譲渡制限株式について譲渡承認請求を受けた場合には、譲渡承認請求の内容を確認し、会社として当該株式譲渡を承認するか、不承認とするかを決定する必要があります。その上で、承認しない場合には、会社により買取り、指定買受人による買取りなどを決定する必要があります。 1 譲渡承認請求の内容の確認 譲渡制限株式を譲渡する際には、譲渡をしようとする株主又は譲渡制限株式を取得した取得者から、会社に対し、当該譲渡 . . .
続きを読む>>

株主総会の開催・運営をめぐるリスク

株主総会の開催・運営をめぐるリスク 株主総会に関する会社法上の規定 株主総会は、株主を構成員として会社の基本的事項について意思決定する必要的機関です。 以下、株主総会の開催・運営に関する会社法上の規定を確認していきましょう。 ■ 決議事項 株主総会では、法令に規定する事項または定款に定めた事項に限り決議することができます(295条2項)。 取締役会設置会社において株主総会での決議事項と . . .
続きを読む>>

このような決議事項に注意しよう

このような決議事項に注意しよう 定款変更など会社の組織・事業の基礎的変更に関する事項 定款変更など会社の組織、事業の基礎的変更に関する事項については、会社の重要な要素の変更となりますので、厳重な決議が求められています。 例えば、定款変更(466条)、事業譲渡(467条1項)、合併・株式交換・株式移転・会社分割(783条1項、795条1項、804条1項等)、資本金の額の減少(447条1項) . . .
続きを読む>>

過去の不備をどうフォローするか

過去の不備をどうフォローするか 既に過去の株主総会決議に何らかの不備がある場合、早めに手をうっておくことが必要です。 具体的には、再度株主総会を開催して適法に追認の決議をしておくことが挙げられます。 このとき、決議取消の訴えについては「株主総会決議の瑕疵の例」のとおり提訴期間が3ヶ月と定められていますので、当該不備が決議取消原因となる事項である場合には、3ヶ月以内になされた決議につき . . .
続きを読む>>

株主総会決議の瑕疵の例

株主総会決議の瑕疵の例 <決議取消の訴えの原因となる事項> ※但し、瑕疵が甚だしい場合には決議不存在確認の訴えの原因となることがあり得る ①    招集手続が法令・定款に違反、または著しく不公正である例 ・    一部株主に対する招集通知もれがあった ・    取締役会決議を経ずに代表取締役が招集した ・    招集通知に会議の目的が記載されていなかった ・    招集の通知期間が不 . . .
続きを読む>>

株主総会決議の瑕疵に対する訴え

株主総会決議の瑕疵に対する訴え お困りの方は湊総合法律事務所までご相談ください。 ◆湊総合法律事務所にご依頼頂くメリット  >> <顧問弁護士について> 顧問弁護士が継続的に企業経営に関する法的なサポートをさせていただくことで、より効果的に法的トラブルを防止し、迅速かつ的確な問題解決を図ることが可能となります。 そのために私達の事務所では法律顧問契約を . . .
続きを読む>>

書面投票制度と電子投票制度

書面投票制度と電子投票制度 株主が直接総会に出席することなく議決権を行使できる制度として、書面投票制度と電子投票制度があります。株主が分散している会社において、株主が直接株主総会に参加できない場合でもその議決権行使の機会を確保することができます。 書面投票制度は、取締役会(取締役会非設置会社においては取締役)において、株主総会に出席しない株主が書面をもって議決権を行使できることを定めること . . .
続きを読む>>

株主総会参考書類等の電子提供制度を導入したい

現在、株主総会の招集に際して株主に提供する資料は、個別の株主の承諾(会社法299条3項)がない限り、書面で交付しなければならないこととなっています。しかし、株主の多い企業では印刷コストが大きな負担となっており、ウェブサイトへの掲載などの電子的な提供により書面交付を省略できる制度を設けることが要請されていました。 このような要請をふまえ、今後の会社法改正により株主総会資料の電子提供を認める制度 . . .
続きを読む>>

次の記事を見る >>

ご相談のご予約はこちらから

MINATO Law Office 湊総合法律事務所

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビルヂング北館12階1213区

03-3216-8021※受付時間 9:00〜18:00

でのお問い合わせはこちらから

取扱分野