マッチング時の対応

マッチング時の対応

マッチングが不調に終わった場合の問題にもきちんと対応しましょう!

(1)マッチングが不調に終わった場合に生じうる紛争
結婚情報サービス事業者がお客様に理想のお相手を紹介しても,その方が運命の人になるとは限りません。
お客様の中には出会われたお相手の言動・マナーがお気に召さなかったりすると,結婚情報サービス事業者に対する苦情に発展する場合があります。
結婚情報サービス事業者としては,双方から提示された条件に基づいてマッチングし,双方ともお会いすることの承諾を得ていても,お客様の当日の御気分や詳しい性格・生活習慣まで把握するのはとても無理です。しかし,このような紛争は後を絶ちません。

(2)紛争を防止するために有効な事前説明とフォロー
そこで,お客様からの苦情を防止するために,結婚情報サービス事業者がお客様の当日の御気分や詳しい性格・生活習慣まで把握し,保証するものではないことを入会時にきちんと認識していただけるよう説明することが重要です。
マッチングが成功しない場合にはお客様へのフォローとして成功しなかった原因と次回に向けてのアドバイスなどすることがあろうかと思いますが,これも証拠化しておくことが重要です。

(3)交際開始後のお客様同士の紛争が事業者に波及します!
お客様同士のマッチングが成功し交際を開始された場合にも,交際の過程で様々なトラブルが生じます。この問題は,本来お客様同士で解決すべき問題なのですが,お客様からは結婚情報サービス事業者の紹介が悪いという苦情に発展しがちです。
この問題も,入会の際にお客様にきちんと説明して証拠化することにより予防できる問題です。

婚活の関連ページ

取扱分野

ご相談のご予約はこちらから

MINATO Law Office 湊総合法律事務所

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビルヂング北館12階1213区

03-3216-8021※受付時間 9:00〜18:00

でのお問い合わせはこちらから