社長と認知症

社長と認知症

近時、日本では高齢化に伴い、認知症の患者が激増しています。
平成37年には、700万人もの人々が認知症またはその予備軍になると予想されています。

会社の社長が認知症になると家族だけでなく、従業員や取引先など様々な方々に重大な影響を及ぼすことになります。早目に対策をしておけば、無用なトラブルを回避することができます。
湊総合法律事務所では、社長の認知症対策に関するセミナーを行いました。

【講演資料】「「認知症と相続争い」」※クリックしてご参照ください。

認知症に関する法的な問題は、問題が発生する前、問題が大きくなる前にご相談頂くことにより、より早く平和的な解決が可能となります。

問題が発生した時はもちろんのこと、将来的な心配が発生しました時にも、経験豊富な当事務所に、お早めにお問い合わせください。

事業承継の関連ページ

取扱分野

ご相談のご予約はこちらから

MINATO Law Office 湊総合法律事務所

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビルヂング北館12階1213区

03-3216-8021※受付時間 9:00〜18:00

でのお問い合わせはこちらから