事業承継

事業承継


事業承継

事業承継に関する法律問題 経営者にとって、事業承継は事業発展と並んで、極めて重要なテーマです。 にも関わらず、事業承継は、経営者の死を予感させ るテーマであるため、当人も周囲も向き合いにくいテーマでもあります。後継者候補にとっては、非常に気がかりでありながらも、誰にも相談できない、という ことも少なくないようです。   しかしながら、事業承継対策を十分に行わなかったため . . .
続きを読む>>

子供への株式の譲渡

子供への株式の譲渡 私はA社を将来、営業部長である長男Bに譲りたいと考えています。 私の会社は株式譲渡制限会社で子供は長男B、次男C、三男Dの3人です。 相続が起きた場合に、長男のB以外のCやDに株式が分散し、 CやDが会社経営に口を挟むようになり、会社経営が不安定になってしまう ことが心配です。良い方法はないでしょうか? 売渡請求条項(会社法174条)や議決 . . .
続きを読む>>

子供への土地の譲渡

子供への土地の譲渡 自分の会社を長男に譲りたいと考えていますが、私の所有する土地の上に 会社所有の建物があります。長男に土地を全部譲りたいと考えていますが、 嫁に行った長女が遺留分を請求してくることが心配です。 遺言がない場合、会社建物のある土地はどうなるのでしょうか? 原則、長男と長女の共有になります。共有を避けるには、価格弁償という方法があります。 そもそも遺留分 . . .
続きを読む>>

遺言の作成

遺言の作成 譲渡に際し、遺言を作成したいと思うのですが、どのように書けば いいのでしょうか? 遺言書には、主に「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」があります。両者には、それぞれメリットやデメリットがありますが、多少の費用と手間はかかっても「公正証書遺言」の作成をお勧めします。 遺言の種類と特徴 「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」には、以下のようなメリット・デメリットがあります。 . . .
続きを読む>>

社長と認知症

社長と認知症 近時、日本では高齢化に伴い、認知症の患者が激増しています。 平成37年には、700万人もの人々が認知症またはその予備軍になると予想されています。 会社の社長が認知症になると家族だけでなく、従業員や取引先など様々な方々に重大な影響を及ぼすことになります。早目に対策をしておけば、無用なトラブルを回避することができます。 湊総合法律事務所では、社長の認知症対策に関するセミナ . . .
続きを読む>>

ご相談のご予約はこちらから

MINATO Law Office 湊総合法律事務所

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビルヂング北館12階1213区

03-3216-8021※受付時間 9:00〜18:00

でのお問い合わせはこちらから

取扱分野