下請法違反事例

最近の下請法違反事例

近時の下請法違反事例としては以下のようなものがあります。

①下請代金の買いたたき事例

 親事業者が貨物運送を下請事業者に委託していたところ、親事業者は従来の単価から一定の割合で単価を一方的に引き下げて下請代金の額を定めていた。

②下請代金の減額事例

 親事業者が自動販売機等の製造を下請事業者に委託していたところ、親事業者が顧客からの原価低減要請等に対応するため下請事業者に対し自動販売機等の部品の原価低減を要請し、それぞれの下請事業者との間で協力を求める学を取り決め、下請事業者に責任がないのに、下請代金の額を減じていた。

③不当な経済上の利益提供の要請の禁止事例

 親事業者が自動車用部品等の製造を下請事業者に委託していたところ、親事業者は自社の社員のためのレクリエーションの実施に当たり、下請事業者に対し、協賛金の提供を要請し、一部の下請事業者から協賛金を徴収していた。

下請法の関連ページ

取扱分野

ご相談のご予約はこちらから

MINATO Law Office 湊総合法律事務所

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビルヂング北館12階1213区

03-3216-8021※受付時間 9:00〜18:00

でのお問い合わせはこちらから