契約書を弁護士に依頼する場合

契約書を弁護士に依頼する場合

◆ 書式例の注意点

本サイトには、契約書の書式例を掲載しています。しかし、このような書式例や市販されている書式は、必ずしも、個別の事情に対応していません。

効率的に契約書を作成するために、このような書式例を利用することにはメリットがありますが、そのまま使用すれば良い、というものではありませんので、ご注意ください。

例えば、契約書の書式例には、債務の履行方法について「当事者間の協議の上、決定する」と定めている場合がありますが、これは債務の履行方法には様々なものがあり、書式の作成者が特定しきれないためにこうなっているのです。しかし、ここをひな形のままにしておくと、将来紛争が生じた場合にトラブルになりかねません。

また、個別のケースにおいては、契約書は常に、2者以上の者が合意するわけですが、一方にとっては有利でも、もう一方にとっては不利な条項になっていることは多いものです。

契約内容そのものが有利か不利かだけでなく、その契約をいずれの側がより強く成立させたいと考えているのか、或いはどちらがより強い立場にあるのかによっても、修正を要求すべきか否か、要求すべき場合、どのような修正を要求すべきかは変わってきます。

弁護士に相談した場合、このような点にも配慮した上で、アドバイス又は契約書を作成してもらうことができます。

◆ まずは弁護士に相談を

弁護士に依頼する場合、費用を心配される方も多いようですが、当事務所では、基本的には、一から作成すると費用も高額となることが多いため、書式等を上手に活用した上で、個別の事情に応じて作りこむ方法をとり、効率化を図っています。

契約書の作成が必要な場合、または相手方から契約書を提示されたが不安だ、という場合は、まずは、弁護士による法律相談をご利用されることを強くお薦めします。

契約書の関連ページ

取扱分野

ご相談のご予約はこちらから

MINATO Law Office 湊総合法律事務所

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビルヂング北館12階1213区

03-3216-8021※受付時間 9:00〜18:00

でのお問い合わせはこちらから