フランチャイズにおける義務違反・契約違反

フランチャイズにおける義務違反・
契約違反

義務違反

フランチャイズ事業を始める場合には、フランチャイザーがフランチャイジーに対して「この立地や商圏特性であればこれだけの売上が予測できる」といった「売上予測(損益予想)」といった情報を提供する場合があります。

フランチャイジー側はその予測を信じ人生をかけた契約をします。しかし、実際に開業してみると全然予想通りに売上が上がらないというケースも多々あります。

このような場合、フランチャイザーの売上予測の根拠が不明確であったり、情報の提示が適正でなかったりするときは、フランチャイジーが損害賠償請求を行うことで、情報提供義務違反に基づき損害賠償請求を認める傾向があります。

また、フランチャイジーによる怠慢で売上予測に到達できなかったというケースもあり、そのような場合には、フランチャイザー側は、適正に情報提供義務を果たしたと主張しフランチャイジーと交渉する必要がございます。

テリトリー契約違反

フランチャイザーが加盟金売上を伸ばすために、すぐ近くに同一のフランチャイズ店舗を作ってしまったというケースもございます。これは明らかなテリトリー契約違反であり、フランチャイザーに対して損害賠償を請求することが可能なケースがあります。

フランチャイザーとしても事前に情報を提供する、契約条件をきちんと説明するといったことをすることで、テリトリー契約違反に触れないようにすることも重要です。

フランチャイズ事業でお悩みの方、ご心配な方は、実績が豊富な当事務所へご相談下さい。

FC契約・トラブルの関連ページ

取扱分野

ご相談のご予約はこちらから

MINATO Law Office 湊総合法律事務所

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビルヂング北館12階1213区

03-3216-8021※受付時間 9:00〜18:00

でのお問い合わせはこちらから