その他

その他


廃棄物に関わる事業者の方へ|セカンド顧問の有用性

事業者のお客様の中には、既に弁護士との間で顧問契約を締結されている方も少なくないのではないかと思います。 しかし、廃棄物処理法は、多くの弁護士にとって、業務上頻繁に取り扱う法律とまではいえないのが実情であると思われます。 ですので、廃棄物処理法に関する相談を顧問弁護士に急いで相談して対応しようにも、顧問弁護士から迅速な回答を得られなかったり、専門外なので回答できないと言われてしまったり . . .
続きを読む>>

個人情報保護方針(個人情報保護法における公表事項)

≪個人情報保護方針≫ 湊総合法律事務所(以下「当事務所」)は、個人情報の保護に関する法律(以下「個人情報保護法」)その他の関係法令を遵守するとともに、本プライバシーポリシーを遵守します。 1.個人情報の取得 当事務所は、個人情報を、適法かつ適正な手段により取得します。 2.個人情報の利用目的 当事務所は、個人情報を、以下の目的で利用します。 (1)法律相談及び依頼案件の . . .
続きを読む>>

SDGsに関する講演資料のダウンロードのお申込みをいただきまして、ありがとうございました

この度は、「SDGsで企業利益と社会貢献を同時に実現する」の講演資料ダウンロードのお申し込みをいただき、誠にありがとうございます。 下記をクリックして頂きまして、ダウンロードをお願い申し上げます。 「SDGsで企業利益と社会貢献を同時に実現する」講演資料 . . .
続きを読む>>

退職後紛争防止のための書式集ダウンロードをいただきましてありがとうございました。

この度は、退職後の紛争防止のための書式集ダウンロードのお申込みをいただき、誠にありがとうございます。 下記より書式集のダウンロードをお願いいたします。 退職後の紛争防止のための書式集 なお、本書式は一般的な例を示したものであり、具体的なご事情により記載すべき条項・文言は異なる場合があります。ご利用について弊事務所は責任を負いかねますので、ご了承いただきますようお願いいたします。 . . .
続きを読む>>

利益相反案件の取扱いについて

湊総合法律事務所(以下「当事務所」といいます。)は、依頼者数の増加により、ときおり、ある依頼者の利益と相反する(潜在的に相反する場合も含みます。)利益に関連した他の依頼者から、案件のご相談をいただくことがあります。 当事務所は、弁護士法及び日本弁護士連合会制定の弁護士職務基本規程に従い、案件の正式な受任に先立ち、利益相反の有無の調査・確認を行っております。 調査・確認の結果、利益相反の . . .
続きを読む>>

免責事項

当ウェブサイトのご利用にあたって 当ウェブサイトを利用される方は、本免責事項を必ずお読みください。当ウェブサイトのコンテンツを利用された場合、下記の各事項に同意されたものとみなします。 1 当ウェブサイトは、法律的またはその他のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 2 湊総合法律事務所(以下「当事務所」といいます)は、当ウェブサイトのコンテンツの正確性、妥当性の確保に努めてお . . .
続きを読む>>

利用規定

当ウェブサイトをご利用の際には、次の各項目の記載内容を必ずお読みください。 著作権等について 当ウェブサイトに掲載されている全ての記事、写真等のコンテンツに関し、湊総合法律事務所(以下「当事務所」といいます。)の許可なく転載することを禁じます。すべての著作権等の知的財産権は当事務所に帰属します。当ウェブサイトの記事のご利用を希望される場合は当事務所に事前にお問合せ下さい。 リンクにつ . . .
続きを読む>>

情報セキュリティ基本方針

湊総合法律事務所(以下「当事務所」といいます。)は、依頼者及び取引先の皆様からお預かりした情報資産並びに当事務所自身の情報資産を各種の脅威から保護することを目的に情報セキュリティ基本方針(以下「本方針」といいます。)を定めます。当事務所は、情報セキュリティに関する法令その他規範および契約上のセキュリティ要求事項を遵守することにより、高度な情報セキュリティ管理体制を維持していくことに努めます。 . . .
続きを読む>>

【参加費無料】5月24日開催 2時間で分かる!2020年施行予定 会社法改正要綱と今後の企業法務への影響

研修名 【無料開催】【8社限定】 「2時間で分かる!2020年施行予定 会社法改正要綱と今後の企業法務への影響」 日時 令和元年7月29日(月)13時~15時 主催 湊総合法律事務所 場所 湊総合法律事務所 会議室 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビルヂング北館12階1213区 講師 湊信明 . . .
続きを読む>>

当社では、退職者との間で、退職から一定期間にわたり同業他社への転職、独立を禁止する合意書を締結しようと考えています。有効な合意書となるよう具体的に何に気を付けて合意書の内容を考えるべきでしょうか。

   現在の裁判例では、各事案により、以下のような要素を総合的に勘案して合理性の有無が判断されています。 ①保護されるべき正当な利益があるか  競業避止義務を課す目的が、顧客情報、研究開発手法、製造技術その他営業上の秘密等、正当な利益の保護である必要があります。これに対し、接客サービスの方法等、他の使用者の下でも容易 . . .
続きを読む>>

<< 前の記事を見る

ご相談のご予約はこちらから

MINATO Law Office 湊総合法律事務所

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビルヂング北館12階1213区

03-3216-8021※受付時間 9:00〜18:00

でのお問い合わせはこちらから

取扱分野