学校問題

学校問題


【解決事例】職員の業務委託への切替

職員の業務委託への切替 私立高校より、これまで雇用としてきた教員や事務員を業務委託に切り替えたいとの相談がありました。 当事務所では、具体的なお話を伺い、実質的に当該教員らが学校からの指揮命令を受けているかなどを検討したうえで、業務委託に切り替えることが可能な職種とそれが難しい職種について指導しました。 当該高校ではこれに従って契約形態の切り替えが行われました。 . . .
続きを読む>>

【解決事例】学校職員の定年問題について

学校職員の定年問題について 学校職員につき60歳定年を定めていた学校について、平成25年4月1日より施行されている高年齢者雇用安定法の改正に伴い、就業規則上及び運用上、今後どのような修正が必要かを説明し、同法違反とならないよう指導しました。 . . .
続きを読む>>

【解決事例】改正労働契約法18条の施行に伴う規則整備

改正労働契約法18条の施行に伴う規則整備 同一の使用者との間で有期労働契約期間が通算して5年を超えて反復更新された場合に、その労働者の申込みによって無期労働契約へと転換することが認められる改正労働契約法18条の施行に伴い、非常勤教師などの有期契約の教員への対策として修正しておくべき就業規則の条項について指導しました。 . . .
続きを読む>>

【解決事例】学内の不祥事への対応

学内の不祥事への対応 私立大学において、教授が女子大生にセクハラ行為を行っていることが発覚したとのご相談をいただきました。 大学側が女子大生から民事上の責任を追及されるおそれもあり、また、マスコミ等に取り上げられることにより大学の名誉や社会的評価が著しく低下する可能性もあるため、当事務所では教授と女子大生双方に慎重な対応を行うよう勧めるとともにその具体的な方法についてアドバイスを行いました . . .
続きを読む>>

【解決事例】教師のうつ発症に対する対策

教師のうつ発症に対する対策 教師がうつ病に罹患した場合に備えて学校としてはどのような対策を講じておけばよいか、特に都合がよいときには調子が戻るが、自分にとって都合が悪いことが発生すると不調になる「新型うつ」について、どう対処したらよいかとのご相談をいただきました。 当事務所ではこの分野についての執筆経験もあることから、就業規則に休職期間の療養専念義務などの必要な条項を入れ込むこと、病気を理 . . .
続きを読む>>

【解決事例】問題教員に対する解雇

問題教員に対する解雇 私立高校において、生徒に対し暴言を吐く、生徒への指導に真摯に取り組まないなどの問題のある教師を穏便に辞めさせたいとのご相談をいただきました。 当事務所では、当該教師の問題行動を洗い出し、関係者のヒアリングを行う等して訴訟に耐えうる証拠を全て揃えた上で解雇に臨むようアドバイスしました。 また、解雇するにあたっても適正な手続を経るよう全面的に指導しました。 さらに . . .
続きを読む>>

湊総合法律事務所の取組について

湊総合法律事務所の取組について 私たちの事務所では、学校内で発生した問題についてご依頼いただいた際には、何よりもまず、関係当事者と十分に協議して、子供たちへの悪影響が最小化されるようにしています。 そして、スピード感を持って解決することも影響を少なくする上で重要なので、できる限り事務所の複数の弁護士で対応して迅速解決ができるように努力しています。 公認会計士や税理士、社会保険労務 . . .
続きを読む>>

内部だけで問題解決を図ることの危険性

内部だけで問題解決を図ることの危険性 学校法人や教育機関を巡る法律問題としては、いじめ問題や体罰問題以外にも、いわゆるハラスメント問題や学校事故の問題、いわゆるモンスターペアレンツ問題等がありますが、様々の案件に共通して挙げられる問題には3つあると思っています。 ① ルールが徹底していないことによる危険性 まず第1に、事前のルール作りがずさんであるということです。例えば、先ほど述べた「懲戒」 . . .
続きを読む>>

いじめ・体罰についての法律問題

いじめ・体罰についての法律問題 最近、いじめ問題や教職員の体罰問題をはじめ、学校法人や教育機関をめぐる法律問題が後を絶ちません。 いじめ問題について言えば、平成23年、滋賀県大津市において、いじめを苦にした生徒が自殺してしまうという事件が発生したことは、まだ皆様の御記憶に新しいことと思います。 また、体罰問題について言いますと、数年前に大阪市の高等学校で、体育部の監督がキャプテンに対して . . .
続きを読む>>

給食費の滞納に関して

給食費の滞納に関して 小学校において「給食は公費でまかなうべきである。」と言って、十分な資力があるにもかかわらず、給食費を支払わない保護者がいます。学校側として、どのように対処すべきですか。 給食を受ける児童・生徒の保護者には、その費用を負担する義務があります(学校給食法11条2項)が、昨今、資力がありながら給食費を支払わない保護者が増えているようです。 給食費の請求権はわずか2年で時効消滅 . . .
続きを読む>>

<< 前の記事を見る

ご相談のご予約はこちらから

MINATO Law Office 湊総合法律事務所

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビルヂング北館12階1213区

03-3216-8021※受付時間 9:00〜18:00

でのお問い合わせはこちらから

取扱分野