顧問弁護士なら湊総合法律事務所|顧問弁護士.企業法務オンライン|東京弁護士会所属

湊総合法律事務所は、各分野において専門性の高い弁護士がチームを組み、クライアント様の利益の最大化を目指します。

  • 事務所案内
  • 顧問弁護士
  • セカンドオピニオン
  • セミナー・講演
  • 弁護士紹介
  • アクセス

契約書・契約トラブルに関する法律問題

  ビジネスにおいては、一度の契約上の失敗が事業自体が立ちゆかなくなるような取り返しのつかない事態に至ることもあります。契約は、口約束でも成立しますが、それだけでは、契約の内容が明確でなく、また、契約成立の証拠が残らないという大きな欠点があります。重要な契約や複雑な内容をもつ契約の場合には、口頭で契約を結ぶだけでなく、契約書を作成しておくことが必要です。

私どもに相談頂く企業様の中には、「契約書をつくりたい」と切り出すと、相手方を信用していないように思われると考えて、契約書をかわさなかった、というケースもあります。ビジネスにおいては、一度の契約上の失敗が事業自体が立ちゆかなくなるような取り返しのつかない事態に至ることもあります。

契約は、口約束でも成立しますが、それだけでは、契約の内容が明確でなく、また、契約成立の証拠が残らないという大きな欠点があります。重要な契約や複雑な内容をもつ契約の場合には、口頭で契約を結ぶだけでなく、契約書を作成しておくことが必要です。 私どもに相談頂く企業様の中には、「契約書をつくりたい」と切り出すと、相手方を信用していないように思われると考えて、契約書をかわさなかった、というケースもあります。

しかし、契約書がないため、契約の相手方が契約どおり履行しなかったり、訴訟になって裁判手続上、契約(内容)の立証ができなかったら取り返しがつかないのです。また、相手方から契約書を提示された場合、逆に相手方を信用していないと思われないように、内容を精査せずに、署名捺印してしまったり、というケースもあります。この場合も、不利な内容で契約してしまったりすると、取り返しがつきません。

ビジネスは信頼関係が第一であることは重々承知していますが、こと契約書に関しては、慎重に対応すべきです。

契約トラブルを防ぐ、契約書の作成方法に関連するページ

契約書作成のポイント
相手が契約書を提示してきた場合
契約書を弁護士に依頼する場合
契約書 書式サンプル集 


関連するセミナー実績及び情報/論文/書籍

【セミナー】業務で押さえておくべき契約書作成・交渉実務のポイント 湊信明
【セミナー】裁判に勝つ契約書の書き方、書かせ方 湊信明
【セミナー】ベンチャービジネスにおける契約書作成のポイント
【執筆】「勝利する企業法務」 湊信明