<債権回収段階について>

<債権回収段階について>


関係を悪化させずに回収する

「弁護士に依頼すると争いが大きくなるだけではないか」 「弁護士はすぐに裁判をしたがるのではないか」 ・・・そんなご心配を耳にすることは多いです。 かといって,現状のままでは何も解決しない,何か解決の糸口を見つけ出したい。そのような場合はどうしたらよいのでしょうか。当事務所では,ご相談者の方に一つの解決策を押しつけることはせず,選択肢をご提示してより良い解決を皆様と図っていきたいと . . .
続きを読む>>

売掛金の支払いが滞ってきた場合

売掛金の支払いが滞ってきた場合 Q.取引先の業績が悪化し、売掛金の支払いが遅れてきています。 売掛金の保全措置としてどのようなことをすればよいのでしょうか? A.長年取引をしていると、取引先の中には売掛金の支払いができなくなるような会社も現れます。 そうした場合に、すぐに取引を停止することはできないでしょうから、借入条件変更(リスケ)の合意をして契約書にしっかりと残すとともに、出来る限 . . .
続きを読む>>

債権回収の手段と手続きの流れ(取引先の支払いが停止した時)

債権回収の手段と手続きの流れ(取引先の支払いが停止した時) Q.取引先からの支払いが、ここ数ヶ月間まったくなくなってしまいました。 「売掛債権を譲渡するから、それで勘弁してくれないか」と言われ、それ以外には交渉にも応じてくれなくなってしまいました。 このような場合どのような手段によって回収すれば良いでしょうか? A.まずは内容証明郵便において請求しますが、通常はそれだけでは支払われませ . . .
続きを読む>>

 内容証明郵便

内容証明郵便 弁護士が、(弁護士名で)内容証明郵便で催促・督促致します 弁護士に依頼する前に既に自社において内容証明郵便を送付している場合であっても、弁護士が改めて送付することは有効です。 当事務所からお送りする弁護士名が明記された内容証明郵便には、「期限内に支払わなければ法的措置を講じる」と明記しますので「このまま放置をしてしまうと訴訟に発展してしまうのか・・・・」と相手が思うケースが . . .
続きを読む>>

代物弁済とは?弁護士が解説

代物返済とは?弁護士が解説 代物弁済とはなんですか 代物弁済とは、債権者が債務者に対して1000万円の貸金債権を持っていた場合に、債務者が1000万円を金銭で返せない場合、1000万円の価値がある車や土地、宝石などを代わりに引き渡してもらうことです。 本来の履行として予定したものではなく、債権者と債務者の合意により、別のもので債務の弁済が行われることと定義することができます。代物弁済 . . .
続きを読む>>

 担保権の実行

担保権の実行 先取特権、抵当権といったような担保権を実行することで、裁判の判決を得ることなく、債権を回収できます。 主な担保権の種類は、以下の通りです。 先取特権 売掛債権に関しては、債務者に売った商品から優先的に債権を回収できる動産売買先取特権が認められている。 留置権 権利の対象となったものを留置することで債務の支払いを促す効果を持っている。 . . .
続きを読む>>

 保証人から回収する

保証人から回収する 保証人とは、債務者が債務を履行しない場合に変わりに債務を履行する約束をした人のことであり、保証人と連帯保証人の2種類があります。 債務者からの債権回収が困難な場合、連帯保証人からの回収を検討します。連帯保証人は、債務者と全く同じ義務を背負っており、借りた本人と同等の扱いとなります。そのため、自分は直接借りていないから返さない、関係が無いということはいえません。 ま . . .
続きを読む>>

 民事調停手続

民事調停手続 裁判所に調停を申立てます。電話・内容証明・支払督促という手段を実施したにも関わらず、相手が応じないという場合には、民事調停も検討しましょう。こちらは裁判所を利用する手続きですが、弁護士を立てずに実施することも可能です。 民事調停手続におけるメリットは、和解を成立させることができれば、強制執行ができる点、また、訴訟よりも安く、手続きが簡単という点が挙げられます。 しかしな . . .
続きを読む>>

 支払督促手続

支払督促手続 「支払督促」という書類を裁判所から相手方に送付致します。支払督促は、裁判所書記官が債務者に対し、金銭の支払を督促してくれる制度です。書類審査のみなので、訴訟のように審理のために裁判所に赴く必要はなく、手数料も訴訟の場合の半額です。また、現在インターネット上のオンラインシステムでの申立も可能となっています。(https://www.toku-on.courts.go.jp/GA010 . . .
続きを読む>>

<< 前の記事を見る

ご相談のご予約はこちらから

MINATO Law Office 湊総合法律事務所

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1
有楽町電気ビルヂング北館12階1213区

03-3216-8021※受付時間 9:00〜18:00

でのお問い合わせはこちらから

取扱分野