顧問弁護士なら湊総合法律事務所|顧問弁護士.企業法務オンライン|東京弁護士会所属

湊総合法律事務所は、各分野において専門性の高い弁護士がチームを組み、クライアント様の利益の最大化を目指します。

  • 事務所案内
  • 顧問弁護士
  • セカンドオピニオン
  • セミナー・講演
  • 弁護士紹介
  • アクセス

判決に納得されていますか?控訴に強い弁護士が力になります

「一審において敗訴の判決が出てしまったとしても、控訴審でまだできることがあるかもしれない」「一審判決の妥当性について共に考えたい」「敗訴が濃厚であっても最後まで戦って欲しい」これが我々から皆様へお伝えしたいメッセージです。
控訴事案を扱う中で、一審判決の判断が妥当ではないのでは?と感じるケースは少なくありません。
たとえ一審判決が全面的な敗訴であったとしても、全面的に相手の要求を受け入れなければならないことが決まったわけではありません。
判決内容や一審における主張立証を精査し、控訴審において新たな活路を見いだすことができる事案もございます。
一審判決が妥当であるか、控訴をすべきかどうかについて、専門家に相談することも重要です。

控訴を行う場合、手続きに期限がありますので、注意が必要です。
裁判所から判決書の送達を受けた日から14日間以内に控訴状を裁判所に提出する必要があります。
判決が言い渡された場合、できるだけ早い段階で弁護士に相談し、控訴の是非を判断することが重要です。

一審を担当した弁護士に引き続き依頼すべきか、別の弁護士に依頼するべきか迷う方も多いと思います。
ひとえに弁護士といっても、ご存知の通り、経験も実績も事件処理の方法も異なりますし、弁護士と依頼者との相性といった問題もございます。

では、どうやって弁護士を選ぶできでしょうか?当該分野について知識経験が豊富であることはもちろんですが、最優先すべきは、ご自身の気持ちを理解してくれる、最後まで戦ってくれる、判決の妥当性に関して共に考えてくれる弁護士であるか否かという点と考えます。
一審で敗訴した事案を扱うことは、負担が大きいため敬遠する弁護士の方も少なくないですし、気持ちも分からなくはないというのが本音です。

しかしながら、訴訟の結末は依頼者の人生を左右するものですので、一審において敗訴したとしても、事案をよく分析して、控訴すべきと考えられる案件については、納得できるまで戦うべきだと我々は考えます。

最後まであきらめずに戦うことはとても大切ですし、当事務所の理念でもあります。
どんな状況であろうと、まずはご相談下さい。当事務所は、随時、控訴事案を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。既にご依頼されている弁護士がいらっしゃる場合には、もちろん守秘義務を徹底致しますので、ご安心ください。


湊総合法律事務所

経営を強くする顧問弁護士

上場企業の皆様

中小企業の皆様

セカンドオピニオン制度

控訴審からのご相談

メールニュース登録

当事務所の弁護士が最新の法改正の情報や、ニュースなどを解説したメールニュースを執筆し、随時発行させていただいておりますので、是非お申し込みください。

購読はこちら

お気に入りに追加する

Access Map

事務所外観 有楽町電気ビルディング