顧問弁護士なら湊総合法律事務所|顧問弁護士.企業法務オンライン|東京弁護士会所属

湊総合法律事務所は、各分野において専門性の高い弁護士がチームを組み、クライアント様の利益の最大化を目指します。

  • 事務所案内
  • 顧問弁護士
  • セカンドオピニオン
  • セミナー・講演
  • 弁護士紹介
  • アクセス

産廃に関するコンプライアンス体制の樹立

廃棄物処理法の規定に違反する行為を、法人や法人の役員、政令で定める使用人を始めとする従業員が行ったり、刑罰法令により罰金刑や禁固以上の刑に処せられたりすることで、法人の業の基盤となる許可が取り消されるリスクが非常に高まります。

特に、上記の欠格要件に該当してしまう場合には、許可が取り消されてしまいます。このように、法令違反行為を行うことによるリスクを常に意識して、コンプライアンスを理念の一つとして掲げて、産業廃棄物中間処理業や産業廃棄物収集運搬事業を行うことが肝要です。

コンプライアンス体制確立のためには、企業の役員及び政令に定める使用人が、コンプライアンスの重要性を理解していることは、当然の前提ですが、役員及び政令に定める使用人以外の他の従業員にも、その重要性についての理解が浸透していることが不可欠です。

しかし、コンプライアンスに対する役員及び政令で定める使用人の意識が弱ければ、現場の従業員はそのことを察知し、法令違反の実態を隠蔽しようとする事態が生じるおそれも否定できません。そのような事態の防止策として、当事務所では、役員及び従業員に対する研修会を提供しております。

また、法令違反によるリスクの重大さから、法令違反行為に及んだ従業員に対しては、懲戒処分という制裁をもって対処することになることを示すなどして、従業員の意識改革にも努めるようにしています。

さらに、法令違反の事実といった会社を揺るがしかねない情報が、政令に定める使用人のところにはもとより、役員のところに集まるよう、例えば、匿名での内部通報者制度等もご提案しています。



産廃業に関する目次

1.産廃業について
2. 産廃物処理・運搬業の許可 3. 委託業者の不法投棄
4. 産廃業の法律問題 5.産廃業の違反事例と刑罰 6. 行政処分の適用
7. 産廃とコンプライアンス  

湊総合法律事務所

経営を強くする顧問弁護士

上場企業の皆様

中小企業の皆様

セカンドオピニオン制度

控訴審からのご相談

メールニュース登録

当事務所の弁護士が最新の法改正の情報や、ニュースなどを解説したメールニュースを執筆し、随時発行させていただいておりますので、是非お申し込みください。

購読はこちら

お気に入りに追加する

Access Map

事務所外観 有楽町電気ビルディング