顧問弁護士なら湊総合法律事務所|顧問弁護士.企業法務オンライン|東京弁護士会所属

湊総合法律事務所は、各分野において専門性の高い弁護士がチームを組み、クライアント様の利益の最大化を目指します。

不動産に関する法律問題


不動産売買・賃貸といった不動産に関する取引は、法律が複雑であり、価格も高額であることが多いため様々な紛争が生じてしまいます。本サイトでは、不動産に関する典型的なテーマにお答えしていきます。
尚、本サイトに取り上げられていないテーマにつきましても、お気軽に弁護士にご相談ください。

不動産問題に関するページ

滞納家賃の回収と明渡
未払家賃の支払請求
保証人への請求
法的手続きをとる 
立退き・明渡請求
追い出し規制法案について
賃借人が家財道具等を残置

定期借家契約


不動産問題に関連するセミナー実績及び情報/論文/書籍


事例1 所有物件を建替えるため、賃借人への立ち退きの説得に成功した事例

【相談内容】
賃貸に出している所有建物を収益性の高いビルに建て替えたいので、賃借人に立ち退いてもらいたいとのご相談がありました。

【解決方法】
当職らが代理人となり、立退きを提案しました。当初は、賃借人全員が立退きに反対しており、交渉が難航しましたが、個別に説得を重ね、1ヶ月以内に全員の立退きを実現させました。

事例2 迷惑行為をしたテナントに対し、完全訴訟的和解により追い出しに成功した事例

【相談内容】
飲食店を営むテナントが、無断で建物を増改築したり、11時までに営業を終了するという合意があったにも関わらず深夜営業を繰り返し、近隣住民から苦情がきているので、同テナントを追い出したいとの相談がありました。

【解決方法】

当職らが代理人となり、上記テナントに対して、債務不履行により賃貸借契約を解除する旨の通知を内容証明郵便で送りましたが、相手方も代理人を立てて争ってきたので、建物明渡請求訴訟を提起しました。訴訟の中で、相手方が不合理な弁明を主張してきたので、客観的証拠によりこれを論駁し、完全勝訴的和解を勝ち取ったことにより、早期の立退きを実現しました。