顧問弁護士なら湊総合法律事務所|顧問弁護士.企業法務オンライン|東京弁護士会所属

湊総合法律事務所は、各分野において専門性の高い弁護士がチームを組み、クライアント様の利益の最大化を目指します。

  • 事務所案内
  • 顧問弁護士
  • セカンドオピニオン
  • セミナー・講演
  • 弁護士紹介
  • アクセス

医療紛争(民事)の流れ


Q.  当院にて医療事故が発生し、患者(家族)からクレームが来ています。
   今後、どのような事態が想定されますか?
   また、医療機関として、どのような対応が必要でしょうか?

A 一般的に,医療紛争は以下のような流れで進行します。

① 患者からのクレーム
② 患者によるレセプト開示請求
③ 患者(代理人弁護士)による証拠保全申立て,証拠保全の実施
④ 示談交渉(示談不成立)
⑤ 患者(代理人弁護士)による訴訟提起
  ア 第1審における審理(主張,立証,鑑定,鑑定人尋問,証人尋問)
  イ 訴訟上の和解(和解不成立)
  ウ 判決・仮執行
  エ 控訴
  オ 控訴審における審理,和解,判決
  カ 上告
  キ 上告審における審理,判決 

 医療機関として重要なことは,上記の各手続における対応がその後の紛争解決に重要な影響を及ぼすため,各手続において慎重に対応しなければならないということです。

 まず,①患者からクレームが申し立てられた場合において,医療機関としては患者に対して誠意を持って対応することが極めて重要です。たとえ医療事故が医療従事者の過失に基づくものであっても,そうでなかったとしても,この段階で患者の気持ちを逆撫ですることは最終的な医療紛争の解決に悪影響を及ぼすことは明らかだからです。

 また,③証拠保全手続に対する対応,④示談交渉,⑥訴訟審理の各手続においては,法的な知識・検討を前提とした対応が求められ,各段階における不用意な対応が最終的な解決に悪影響を及ぼすことも多々あることを認識しなければいけません。 


湊総合法律事務所

経営を強くする顧問弁護士

上場企業の皆様

中小企業の皆様

セカンドオピニオン制度

控訴審からのご相談

メールニュース登録

当事務所の弁護士が最新の法改正の情報や、ニュースなどを解説したメールニュースを執筆し、随時発行させていただいておりますので、是非お申し込みください。

購読はこちら

お気に入りに追加する

Access Map

事務所外観 有楽町電気ビルディング