顧問弁護士なら湊総合法律事務所|顧問弁護士.企業法務オンライン|東京弁護士会所属

湊総合法律事務所は、各分野において専門性の高い弁護士がチームを組み、クライアント様の利益の最大化を目指します。

  • 事務所案内
  • 顧問弁護士
  • セカンドオピニオン
  • セミナー・講演
  • 弁護士紹介
  • アクセス

書面投票制度と電子投票制度

株主が直接総会に出席することなく議決権を行使できる制度として、書面投票制度と電子投票制度があります。株主が分散している会社において、株主が直接株主総会に参加できない場合でもその議決権行使の機会を確保することができます。

書面投票制度は、取締役会(取締役会非設置会社においては取締役)において、株主総会に出席しない株主が書面をもって議決権を行使できることを定めることによって利用することができます(会社法298条1項3号・4項)。

株主は交付された議決権行使書面に記載し、株主総会の日の直前の営業時間の終了時までに会社にそれを提出することによって、議決権を行使することができます(会社規則69条、同70条)。

電子投票制度は、取締役会(取締役会非設置会社においては取締役)において、株主総会に出席しない株主が電磁的方法をもって議決権を行使できることを定めることによって利用することができます(会社法298条1項3号・4項)。メリットとしては、株主の権利行使の機会が拡充されるとともに、郵送料および印刷費等のコストが削減できるという点もあります。

電磁的方法による議決権行使の具体的方法としては、会社の設置するウェブサイトにアクセスして議案の賛否を入力することにより電子投票を行う方法が一般的となっています。

株主に対する参考書類の交付(301条1項)など若干手続きが複雑にはなりますが、株主数が多く遠隔地にも存在する場合には、このような制度の導入を検討するのもよいでしょう。


株主総会に関する目次

1.株主総会について
2. 株主総会の一般的な対応 3. 配当アップについて
4. 取締役の解任 5. 一人で多数の質問への対策 6. 総会屋対策
7. 不祥事の場合の対策 8. 事前質問状への対処方法  9.株主総会の実態(中小企業)