顧問弁護士なら湊総合法律事務所|顧問弁護士.企業法務オンライン|東京弁護士会所属

湊総合法律事務所は、各分野において専門性の高い弁護士がチームを組み、クライアント様の利益の最大化を目指します。

  • 事務所案内
  • 顧問弁護士
  • セカンドオピニオン
  • セミナー・講演
  • 弁護士紹介
  • アクセス

一人の株主が多数の質問をする場合

Q.一人の株主から何問も質問が上がりそうな場合、どのような対処法が考えられますか?

A.まずは、議長が当該株主に対して、「恐れ入りますが、他の株主様にも平等にご質問をしていただくためにも、ご質問はお一人につき1問ずつとさせていただいております。ご理解賜りますようお願い申し上げます。」などと述べて、質問を制止します。

 それでも質問をやめないときは、マイクを返すよう警告を発し、それでも従わない場合には、「これ以上発言を続けると議事を乱したとして退場処分をします。」と最終警告を発し、これで従わなければ警備の方の協力を得て退場させます。




株主総会に関する目次

1.株主総会について
2. 株主総会の一般的な対応 3. 配当アップについて
4. 取締役の解任 5. 一人で多数の質問への対策 6. 総会屋対策
7. 不祥事の場合の対策 8. 事前質問状への対処方法  9.株主総会の実態(中小企業)