顧問弁護士なら湊総合法律事務所|顧問弁護士.企業法務オンライン|東京弁護士会所属

湊総合法律事務所は、各分野において専門性の高い弁護士がチームを組み、クライアント様の利益の最大化を目指します。

  • 事務所案内
  • 顧問弁護士
  • セカンドオピニオン
  • セミナー・講演
  • 弁護士紹介
  • アクセス

配当アップを求められたら

Q.株主総会において、来期の配当アップの約束を求められた場合、
  どのような回答をすればよいでしょうか?


A.基本的に、来期のことを約束する必要はありません。あくまで取締役に課されているのは説明義務に過ぎず、来期以降の約束をする義務はそこに含まれません。回答例としては、「貴重なご意見ありがとうございます。」とか「検討させていただきます。」というのが挙げられます。
 なお、当期の配当アップを求める発言に対して、具体的な回答例としては以下のようなものが挙げられます。

 「当社は、従来から株主の皆様に対して、安定した配当を行うことを基本方針としております。高額配当が長期的に見て財務体質の脆弱化を招くおそれもあり、かえって株主様の利益を損なうことにもなりかねませんので、本年度も安定配当の方針のもとに剰余金処分案を策定させていただいております。何卒ご理解賜りたいと存じます。」
 ご参考にして下さい。




株主総会に関する目次

1.株主総会について
2. 株主総会の一般的な対応 3. 配当アップについて
4. 取締役の解任 5. 一人で多数の質問への対策 6. 総会屋対策
7. 不祥事の場合の対策 8. 事前質問状への対処方法  9.株主総会の実態(中小企業)