顧問弁護士なら湊総合法律事務所|顧問弁護士.企業法務オンライン|東京弁護士会所属

湊総合法律事務所は、各分野において専門性の高い弁護士がチームを組み、クライアント様の利益の最大化を目指します。

取締役会の招集


Q.平取締役が取締役会を招集することはできないのでしょうか?

A.取締役会は、定款又は取締役会で定めた取締役がこれを招集します(366条1項ただし書き)。
 したがって、平取締役であっても、招集権を有する取締役として定款又は取締役会で定められていれば、取締役会を招集することができます。

 また、定款や取締役会で招集権を有する取締役として定められていない場合には全く取締役会を招集できないかというと、そうではありません。招集権を有しない取締役は、招集権を有する取締役に対して、取締役会の目的である事項を示して、取締役会の招集するよう請求することができます(同条2項)。

 そして、この請求があった日から5日以内に、この請求があった日から2週間以内の日を取締役会の日とする取締役会の招集通知が発せられない場合、この請求をした取締役は、自ら取締役会を招集することができるとされています(同条3項)。
 なお、定款や取締役会で取締役会を招集する取締役を定めなかった場合には、各取締役が取締役会を招集することができます(同条1項本文)。




取締役会に関する目次

1. 取締役会について
2. 取締役会での決議案件 3. 取締役会の招集
4. 取締役会の招集手続 5. 取締役会の招集通知 6. 取締役会の決議方法
7. 取締役会議事録の内容 8. 取締役の責任 9. 取締役の責任の免責
10. 取締役の報酬の減額  11.取締役会の実態(中小企業)