顧問弁護士なら湊総合法律事務所|顧問弁護士.企業法務オンライン|東京弁護士会所属

湊総合法律事務所は、各分野において専門性の高い弁護士がチームを組み、クライアント様の利益の最大化を目指します。

  • 事務所案内
  • 顧問弁護士
  • セカンドオピニオン
  • セミナー・講演
  • 弁護士紹介
  • アクセス

取締役に関する法律問題

取締役には業務執行の広範な権限があると同時に責任が伴います。日常、何の疑問もなく業務執行を行っていることでも、責任を問われて初めて気がつくことがあるようです。株主代表訴訟や、取締役に対する損害賠償請求は、単にその取締役が責任を問われるばかりでなく、企業の致命的な信用失墜に繋がります。
本サイトでは、そのような事態を未然に防止するために、基本的な取締役会の進め方について述べるとともに、万一の場合の取締役の責任について、お答えします。

本項で取り上げきれなかった個別の案件については、弁護士にご相談ください。
 





取締役に関するページ

取締役会に関する会社法上の規定
このような決議事項に注意しよう
過去の不備をどうフォローするか
議事録作成・登記等に関する問題

取締役会での決議案件
平取締役による取締役会の招集
取締役会の招集手続き
取締役会の招集通知
取締役会の決議方法
取締役会議事録の内容
取締役の責任
取締役の責任の免責
取締役の報酬の減額
中小企業における株主総会・取締役会の実態

取締役に関連するセミナー実績及び情報/論文/書籍

【執筆】株主総会・取締役会の不備(法違反)が招くリスクを徹底チェック (企業実務)

事例1 取締役1名を解任したいというご依頼を受け、説得し円満に実現した事例

【相談内容】
機動的な経営を実現するために、取締役会設置会社から取締役一人の取締役会非設置会社に移行するとともに,これに反対しそうな取締役1名を解任したいとのご相談がありました。

【解決方法】
臨 時株主総会を招集し、①定款のうち、取締役会に関わる規定の変更の決議、②反対取締役1名の解任決議、③退任する取締役に対する退職金の支給の決議をとる ことを提案し、その準備を行いました。そして、この臨時株主総会の招集準備と並行して、別途反対取締役に対する説得のためのアドバイスを行うことにより、反対取締役を自主的に退任させることができ、遺恨の少ない円満な解決を図ることができました。

事例2 取締役1名を解任議案の提出、決議を行い実現した事例

【相談内容】
経営方針で対立する取締役1名を解任したいとのご相談がありました。

【解決方法】
依頼者が少数株主(総議決権の3/100以上の議決権を有する株主)として株主総会の招集請求をしたうえで対立取締役の解任議案を提出し、決議をとる方法を提案し、これを実現しました。